So-net無料ブログ作成
水彩画とスケッチ ブログトップ
前の10件 | -

第20回・南期会展(高校美術部のOB展) [水彩画とスケッチ]

2019_nankikai_dm_640.jpg

20180327_19th_nankikai_IMG_3350_640.jpg

横浜市立南高校美術部OB会、略して「南期会」。
その20回目の合同展が横浜で開かれます。

メンバーは1960~70年代の部員たち、そして当時の美術部顧問の先生を合わせて23名。
膠絵、油彩、パステル、アクリル、水彩、彫紙、染色、陶芸、
と様々なジャンルの作品が並びます。
そして今回は節目の20回展、かつての仲間の作品も展示します。

会期中には近くの大岡川の桜も満開の予想。
皆さまお誘い合わせのうえ、ご覧いただけましたら幸いです。

※私は水彩画を4点ほど出品の予定です。(会期に間に合えば・・・)

『第20回・南期会展』
会期:3月27日(水)~4月1日(月) ※10時~18時(最終日は15時30分まで)
会場:横浜・吉野町市民プラザ2F ギャラリー
横浜市南区吉野町5-26
http://www.yoshinoplaza.jp

※会場の写真は昨年の様子です。

nice!(21)  コメント(2) 

“ Now and then.” [水彩画とスケッチ]

20190304_192_sunset_640.jpg

“ Now and then.”

逗子の海からもらった印象。
“その場所”の証となるような印は無いけれど。

73×53cm・水彩
nice!(22)  コメント(0) 

『街が目覚めるころ』 [水彩画とスケッチ]

20190206_hayama_yoake_640.jpg

しばらくブランクがあったので、まずは慣らし運転。

東から射し込む陽の光が、葉山を明るく浮かび上がらせる。
海は凪ぎ、山肌は赤茶色に染まる。
そのなかで街の表情が徐々に浮かび上がってくる。
昨年の初冬、逗子の大崎公園より眺める葉山の夜明け。

『街が目覚めるころ』 F6変形(41.5×28cm)・水彩

nice!(32)  コメント(2) 

逗子の美術展 [水彩画とスケッチ]

20181026_zushi_art+640.jpg

去年、初めて参加した逗子の美術展。今年も水彩画2点を出品します。
ご笑覧いただけましたら幸いです。

第68回逗子市文化祭『美術展』
会期:11月2日(金)~4日(日)10:00~17:00
   (2日は11:00から、最終日は16:00まで)
会場:逗子文化プラザ・さざなみホール
   逗子文化プラザ・ギャラリー


nice!(25)  コメント(4) 

桜の絵、再び。 [水彩画とスケッチ]

20181021_komyoji_sakura_640.jpg

気が付けば三ヶ月以上もご無沙汰、ログインのIDもうろ覚え、、、

この春に鎌倉・光明寺の桜を描いた。展覧会が終わったあと、とあるお宅に引き取られていったが、その後どんなふうに見られているだろうか、と、ふっと気になることがある。この気がかりは一点制作の絵にとっては致し方のないこと。そういえば、友人の版画家は「版画は版が残るからね、いつでもオリジナルが摺れる」と言っていたっけ。

そんなわけで、サイズを前作のF6号から、P20号に拡大して再度描いてみた。(F6はA3サイズに近く、今回のP20号はほぼ新聞の見開き2頁ほどの大きさ)
桜の妖艶さをもっと大胆に!と思っていたわりには、結果はあまり変わり映えがしない。これは次の課題とする。

『Spring song』(鎌倉・光明寺) P20(74×55cm)水彩


nice!(29)  コメント(5) 

第78回・横須賀美術協会公募展(YB展) [水彩画とスケッチ]

今年もはや半分が過ぎて、気がつけばすっかり休眠続き。

それでも絵は描いています。
6月に開かれた横須賀美術協会公募展に二点を出品、ともに入選。

20180521_tide_IMG_4343_640.jpg
『Rising Tide - 潮、満つ。』

20180601_187_ume_IMG_4400_640.jpg
『Old Apricot Tree - 老いてなお。』

このうち『Rising Tide - 潮、満つ。』は「クサカベ賞」を受賞しました。
*「クサカベ」は昭和3年から続く日本の絵の具メーカー

どちらもこれまで描いた絵の中ではいちばん大きいP20号(73×53cm)
紙はウォーターフォード・ホワイトの粗目。
締め切りぎりぎりの完成のため、額装も滑り込みセーフ。
来年はもう少し余裕を持って描きたいものです。

同じ絵を続けてアップするという気の利かない記事ですが、
近況報告ということでご容赦を。。。

nice!(45)  コメント(16) 

“Tide” [水彩画とスケッチ]

20180521_tide_IMG_4343_640.jpg

3月に描いた逗子の海(の印象)、このときはF6号で描いた。これを少し大きなP20号で描いてみる。前回はほぼA3サイズに相当する大きさ、今回は新聞見開きに近く幅が8cmほど短い。(ちなみにF6号:40×31cm、P20号:約75×55cm)
50号や100号が珍しくない油彩では、20号などまだまだ小さい方だ。でも、たとえば水彩で50号となると、これはけっこう大変だ。まず水貼り(パネル貼り)がひと仕事だし、筆だって小さなスケッチ用ではどうにもならない。ほとんどの道具を大きいサイズ用に揃えなければならない。紙や絵の具も“高級品”を使ったら、それなりに財布の方も。。。部屋も相応の広さが必要となる。幸い、いま現在の「お絵描き部屋なら50号でもオーケー、、、
と、あれやこれや思いを巡らしながら、でも大きなサイズは楽しい。次は30号?。


nice!(38)  コメント(4) 

試し描き [水彩画とスケッチ]

20180503_indigo_blue_IMG_4295_640.jpg

新しい刷毛の描き心地を試してみる。豚毛の腰の強さ、絵の具の含み具合など、手近にあった去年のカレンダーの裏にサッと四回はらう。紙質はケント紙より少し粗く、絵の具はほとんど吸い込まずに流れていく。何も考えずただ左から右へ腕を動かす。こんなときの方が、なにやら雰囲気が生まれる不思議。


nice!(14)  コメント(0) 

光明寺の桜-2 [水彩画とスケッチ]

20180325_183_sakura_komyoji_640.jpg

名所の桜も見たい、なにより里山に咲く桜も見たい。さて何処が良いだろう?と思案しているうちに、花の盛りは過ぎてしまう。のんびり描いていると、今年も見頃を逃してしまいそう。絵は材木座・光明寺の春景。

F6(40×31cm)・WATERFORD WHITE・水彩

nice!(33)  コメント(0) 

鎌倉光明寺の桜 [水彩画とスケッチ]

20180319_sakura_komyoji_640.jpg

鎌倉材木座の光明寺、このお寺の桜は老木が多い。染井吉野の寿命は60~70年らしいが、この幹の太さと老け具合を見ると、その寿命を優に超えているように見える。もちろん、この地の風土が影響して一般値よりも大きく育つのかもしれない。ともかく、そんな年季の入った老木にも、季節が来れば新しい花が咲く。さて、今年の花咲か爺さんはどんな桜を見せてくれるだろう。

F6(40×31cm)・WATERFORD WHITE・水彩

nice!(39)  コメント(9) 
前の10件 | - 水彩画とスケッチ ブログトップ