So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

介護の一年。 [日々の記録]

20180111_kantyumimai.jpg

昨年末、母が96歳で亡くなりました。大正10年の生まれ、2歳の時に関東大震災、二十の冬には太平洋戦争の開戦。戦後生まれの私には、焼け跡の光景がかすかに記憶に残ってはいるものの、本当の凄さ・酷さは知る由も無し。まさに激動の時を生きてきたのだ、と思いを巡らすばかり。

NHKの朝のドラマ「わろてんか」の時代設定が、今ちょうど大正10年前後。テレビから知る当時の様子、これも何かの縁かもしれないと思いつつ観ています。

一年前、足腰がだいぶ弱ってきたのを潮に実家から逗子に引き取り、介護の始まり。ほどなく家の階段を登れなくなり、一人でトイレに行くことも難しくなり、身体の方は否応なしに衰えてきました。それでも頭の方はいたって元気で、思考や記憶面では、私の方が呆けているのでは?と思うほど、これは幸いでした。

発症が分かった乳癌は他の臓器にも転移。8月末に“ステージ4、余命は2〜3ヶ月”と伝えられました。11月始めに入院する一週間前まではデイサービスにも通い、医師の診断も一年くらいは持ちこたえそう、と変わりましたが、結局その診断どおりに12月に死亡。

さて「介護」ですが、肉体的介護だけでなく、いやそれ自体ある程度までは覚悟さえ決めれば対処できますが、先の見えないことへの気持ちの問題が大きいと、しみじみと感じました。ふっと飛び込んでくる社会的手続きなども含めて、介護を取り巻く様々は、日々頭を離れることが無いと痛感しました。
ともかく、さほど長いとは言えない介護だったのに、まわりが感じる精神的な影響はつくづく大きい、と。いやこれは文句ではなく、これが実態なのだという事実認識。

介護、入院、葬儀とそれに関わる諸々の要件もまだ進行中。そんななかで絵を描く気持ちも日毎に遠ざかり、いまはちゃんと絵筆が持てるのかちょっと心配しています。2月の頭に四十九日をむかえますが、ひとまずはそれを機に描き始めよう、とは思っています。
nice!(24)  コメント(22) 
共通テーマ:日記・雑感

どんど焼き [日々の記録]

20180114_dondoyaki_hayama.IMG_2598_640.jpg

前回11日の記事には、
多くの暖かいメッセージをいただき、とても感謝しています。
ありがとうございました。

そろそろ気持ちの切替も必要です。
冬の海に射す朝陽の輝き、これはもう何度も描きましたが、
この厳寒の朝の光を確かめよう、と近所の高台へ向かいました。
いつも同じようでありながら、太陽の角度、風の強弱、空気の乾燥度などなど、
やはり細かく見れば、同じ季節でも二度と同じ光景など無し。

弱いとはいえ海からの風は冷たく痛く、とてもスケッチは無理。
それでも刻々と変わる海の、その光の様子を小一時間ほど眺めました。
覚えのための写真を撮りながら、ふと葉山の方を見ると海辺から立ちのぼる煙。
気がつけば、どんど焼きの季節。
ちょうど昨日が葉山・一色海岸のどんど焼き。
この写真の場所はたしかに一色海岸(のはず)、
同じ場所で、二日続けてやるものだろうか?と思っていたところ、
先にアップしたFacebookで、これは鐙摺のどんど焼きと教えられ疑問氷解。

正月の三日に軽いぎっくり腰をやったようで、いまひとつ調子が出ません。
が、そろそろスケッチブックを携えて外へ出よう!
と、少しだけ決意する1月14日です。

nice!(28)  コメント(9) 
共通テーマ:地域