So-net無料ブログ作成

鎌倉、海蔵寺の紅葉。 [水彩画とスケッチ]

20151217_kaizoji_koyo.jpg

春の桜と晩秋の紅葉、
風景画を描いているとこのふたつを避けて季節をやり過ごすのは難しい。
もちろん無理に描かなくても良いけれど、
それはそれで、シナリオ通りに季節が過ぎていかない感もある。
そんなこんなで、今年も何枚か描くことになる。

自然の移ろいの不思議さと精妙さ、
それとなによりは、その何とも言えぬ美しさ。
しかもその現象の現れ方が毎年違うわけで、
このある種スリルに満ちた変化を追うことが、
日々生きていることの確認にも繋がっているのだ。
強いていえば、そういうことになるのではないだろうか。

と、話しは大袈裟になってしまったが、
木々は膨大な落ち葉を残して、また次の年への準備を始めている。

鎌倉扇ガ谷にある海蔵寺。
このお寺に間近く友人宅がある。
今年は、その家の二階から参道の紅葉を眺めた。
色づいた楓の葉の下をそぞろ歩く人々、
これまで、あまり見たことのない新鮮なアングルだった。
でも、絵にするのはじつに難しい。
結局、ごく真っ当に山門とその前で色づく楓を描いた。
12月1日の様子。

『海蔵寺の紅葉』
F6(40×31cm)ウォーターフォード・ホワイト 水彩

nice!(62)  コメント(13) 
共通テーマ:アート