So-net無料ブログ作成

鎌倉、覚園寺の紅葉。 [日々の記録]

20151205_kakuonji.jpg


鎌倉二階堂の覚園寺は紅葉の名所らしい。
らしいと書いたのは、その人気は聞いていたものの、
まだ訪れることがなかったから。

鎌倉駅から歩くべきかバスに乗ってしまうか?
一瞬迷ったものの「大塔宮行き」のバスがちょうど来てしまった。
(この大塔宮から覚園寺までは歩いて7〜8分)
晴天の土曜日、歩こうがバスに乗ろうが時間はさほど変わらないだろう、
その予想どおりに渋滞の若宮大路をバスはゆっくり進む。

本堂(薬師堂)、地蔵堂、手入れの行き届いてそれでいて野趣のある境内、
この覚園寺では、そのなんとも言えず心地良い空気の中を約50分、
お寺の僧の案内を聞きながら拝観する。
いわば拝観ツァーというわけで、
これに参加しなければ、このお寺の良さには何も触れられない。

肝心の紅葉(これが目当てで訪れたのだ)は、見事なものだった。
ちょうど一年前に訪れた獅子舞の谷は山の中の紅葉、
このお寺は自然と人の手がバランス良く調和し、そしてずっと守られてきた紅葉。
秋色に染まったモミジ、銀杏、メタセコイア、そして緑のままのクスノキ、
それらの木々の葉の重なりに初冬の陽差しが透ける。

こんなに見事な紅葉、だれでもカメラを向けたくなるところだが、
この覚園寺の境内は撮影禁止である。
カメラを向けられるのは、拝観受付の建物の前まで。

ちなみにスケッチはどうなのだろう?とちょっと思ったけれど、
ツァー形式の拝観ではそれも叶わない。
でも、そんな抑制がこのお寺の静けさと深さをつくっているのだ。

葉が落ちる前に、もういちど行ってみたい!

*写真は拝観受付所前の紅葉、ここだけでもカメラマン多し。

nice!(43)  コメント(7) 
共通テーマ:地域