So-net無料ブログ作成

ジョン・ケージ / 4分33秒 [聴く・クラシック音楽]

 斎藤純さんのブログ“流れる雲を友に”に『ジョン・ケージ:4分33秒』がアップされていた(3月30日付)。ちょっと紹介を。

 斎藤さんと同じことを書いても意味がないので、以下は私の感想。
現代音楽の古典?ともいえるこの曲だが、これまで本で読んだ「知識」だけが頼り。その『4分33秒』に、何か新しいニュースがあるの?と思って読むと、もともとピアノ曲だったのに、なんとオーケストラ版があるという。さらに映像も。。。びっくりしてさっそく紹介されていたYou Tube を見る。いやぁ、じつに面白い!これまで抱いていた『4分33秒』の観念がガラッと変わってしまうほど。
感心のある方はどうぞこちらへ
http://www.youtube.com/watch?v=3fYvfEMUJl8

 ちなみに斎藤さんはギター版での世界初演を目指しているそうだ。これも楽しみ。それにしても、4分33秒は長い。


nice!(3)  コメント(9) 
共通テーマ:音楽

nice! 3

コメント 9

komadamu

こんばんは!eguchiさん。ジョン・ケージは以前本で知っていただけの作曲家でしたが、『4分33秒』。
いいですねぇ。この作品の凄いところは、演奏(?)されているオーケストラや観客によって作られているところとさらに、こうして今私が見ている4分33秒間も実は作品の一部となりうるところなんでしょうか・・・(だとするとちょっと嬉しい)
この初演が1952年ということだから(Wikipediaでチェックしちゃいまいした!)この時の演奏が一番狙い通りの作品だったのかなぁ。。。
ちょっと見てみたかったkomadamuでした。
by komadamu (2007-04-05 00:32) 

e-g-g

◎komadamu さま こんにちは、そしてコメントをありがとうございます。
私も、もちろん頭の中で、あぁ、きっとこうなんだろうと想像するだけの曲でした。たしかにYouTubeの動画を見ている私たち自身も作品の一部ですね、ジョン・ケージもそこまでは予想できなかったと思いますけれど。
とにかく、この曲はいろんなことを考えさせてくれますよね。初演時の聴衆は、いったいどんな聴き方をしたんでしょうね?「その後」を知ってしまっている人間とはまったく違ったナニかを感じられたのでしょう、ある意味で羨ましいです。
by e-g-g (2007-04-05 12:16) 

e-g-g

◎deacon_blue さん
ご訪問、ありがとうございます。
by e-g-g (2007-04-05 12:17) 

ポッチ

eguchi さん、こんにちは。
自分の記事は更新しませんが、スキあらばコメントは致しますので油断なさりませんよーに♪
ジョン・ケージの『4分33秒』のオーケストラ版なんて最高ですね。面白い。分かっている聴衆が参加すると、ほんと面白くなりますね。何も知らなかったら、短編映画かなって思う人もいるかもしれません。
こちらの作品も全国的に練習する人、急増中。
by ポッチ (2007-04-06 14:22) 

e-g-g

◎ポッチさん 油断大敵ですね〜
ジョン・ケージなんて知らない方が普通ですから、この動画はかなり意味不明でしょうね。とにかくアタマで聴かせるような、こんな曲?をつくるケージさん、素直じゃないです。で、オーケストラ版をやろうとしたした人は、もっと素直じゃないです。面白いですけど
by e-g-g (2007-04-06 19:38) 

木曽のあばら屋

こんにちは。
You Tubeのコメント欄でも誰かが書いてましたが、
これはまあジョークのようなもので、
あまり真剣に考え込むとかえって罠にはまりそうです。
ところで、この名作を管弦楽に編曲した編曲者は誰なのでしょうか?
by 木曽のあばら屋 (2007-04-07 16:06) 

coco

のすけの母さんのところから初めて参りました。こんにちは!はじめまして。

ジョン・ケージの『4分33秒』については随分前に友人がしきりに話していたのを思い出し思わず..
演奏...というか映像も初めて観ました。芸術の世界って奥深いですね...
生演奏?に出会うことがあるのでしょうか・・・・?私は良い聴衆になれないかもしれません...
by coco (2007-04-07 18:05) 

e-g-g

◎木曽のあばら屋さん こんにちは
はじめのうちは神妙な感じで動画を見ていましたけれど、じきにニヤニヤ、クスリ、、、。エンターテインメントですね。そのあたりまで、ケージの想定内なんでしょうか。
さて、編曲者。う〜ん、、、
by e-g-g (2007-04-08 20:57) 

e-g-g

◎cocoさん お寄りいただいて、ありがとうございます。
これほど話に聞いて知っている作品って、ほかにあまり無いのではないでしょうか?
初演時のピュアな聴き方は、すでに出来ないわけですが、機会があったらちょっと立ち会ってみたいですね。でも、観客としての演技を求められて緊張しそうです。
by e-g-g (2007-04-08 21:01) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント