So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

Blue Sunset. [水彩画とスケッチ]

20190531_200_BlueSunset_640.jpg

暮れる鎌倉七里ヶ浜、春の大気を感じつつ。
P20(72.7×53cm)Watercolor


nice!(19)  コメント(0) 

横須賀美術協会・YB公募展 [水彩画とスケッチ]

20190513_YB_square_640.jpg

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
第79回・YB公募展
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
会期:2019年6月2日(日)~8日(土)
10:00~18:00  ※5日(水)は休館・最終日は16:00まで
会場:横須賀市文化会館
1F展示室+3F市民ギャラリー
横須賀市深田台50番地

※昨年の受賞作品はこちら
https://www.artyb.info/受賞者一覧/


nice!(19)  コメント(0) 

Welcome home. [水彩画とスケッチ]

20190519_197_kotsubo_kihan_640.jpg

『夕暮れの逗子・小坪港』
F6(41×31cm)水彩
nice!(20)  コメント(0) 

『月の光・1』

20190506_195_tsukinohikari_640.jpg

ドビュッシーのベルガマスク組曲を聴いていたら、こんな絵を描きたくなった。
というのはちょっとこじつけ、他にタイトルが思い浮かばなかった。
もっともドビュッシーの「月の光」は、
鳥たちに夢を運び、噴水をすすり泣かせる光らしいけれど。

『月の光・1』
F6(41.5×31.5cm)水彩

※ドビュッシーの「月の光」はこちら、ピアノはゾルタン・コチシュ
https://www.youtube.com/watch?v=z-m83uPEwl4

nice!(21)  コメント(2) 

蒼さに。 [日々の記録]

20190430_hayama_640_IMG_9126.jpg

一昨日の快晴、ヨットは混雑。
それでも、海はこれ以上はない青さ。
それにしても今日もGWらしくない天気だ、寒い!

@披露山公園/逗子

nice!(22)  コメント(2) 

桜風 [水彩画とスケッチ]

20190424_194_myokoji_sakura_640.jpg

元気よく走る女の子と、その姿にカメラを向けるお母さん。

“一年生ですか?”
“いえ二年生ですが、毎年ここで撮っているので今年も”
“絵に描きたいので、参考に写真を撮らせてもらってもよいですか?”
“はい、どうぞどうぞ”

このときの“ありがとう”が届くと良いけれど、、、

桜風かすかに吹く逗子、妙光寺。
F6(40×30.5cm) 水彩

nice!(24)  コメント(2) 

第20回・南期会展(高校美術部のOB展) [水彩画とスケッチ]

2019_nankikai_dm_640.jpg

20180327_19th_nankikai_IMG_3350_640.jpg

横浜市立南高校美術部OB会、略して「南期会」。
その20回目の合同展が横浜で開かれます。

メンバーは1960~70年代の部員たち、そして当時の美術部顧問の先生を合わせて23名。
膠絵、油彩、パステル、アクリル、水彩、彫紙、染色、陶芸、
と様々なジャンルの作品が並びます。
そして今回は節目の20回展、かつての仲間の作品も展示します。

会期中には近くの大岡川の桜も満開の予想。
皆さまお誘い合わせのうえ、ご覧いただけましたら幸いです。

※私は水彩画を4点ほど出品の予定です。(会期に間に合えば・・・)

『第20回・南期会展』
会期:3月27日(水)~4月1日(月) ※10時~18時(最終日は15時30分まで)
会場:横浜・吉野町市民プラザ2F ギャラリー
横浜市南区吉野町5-26
http://www.yoshinoplaza.jp

※会場の写真は昨年の様子です。

nice!(22)  コメント(2) 

“ Now and then.” [水彩画とスケッチ]

20190304_192_sunset_640.jpg

“ Now and then.”

逗子の海からもらった印象。
“その場所”の証となるような印は無いけれど。

73×53cm・水彩
nice!(23)  コメント(0) 

『街が目覚めるころ』 [水彩画とスケッチ]

20190206_hayama_yoake_640.jpg

しばらくブランクがあったので、まずは慣らし運転。

東から射し込む陽の光が、葉山を明るく浮かび上がらせる。
海は凪ぎ、山肌は赤茶色に染まる。
そのなかで街の表情が徐々に浮かび上がってくる。
昨年の初冬、逗子の大崎公園より眺める葉山の夜明け。

『街が目覚めるころ』 F6変形(41.5×28cm)・水彩

nice!(32)  コメント(2) 

コチシュのドビュッシー。 [聴く・クラシック音楽]

20181117_IMG_6526_640.jpg

Facebookのとあるグループで薦められ、思わずカートに入れてしまったCD。同じ音源はYoutubeにもあるし、その圧縮音源でもPC接続の小さなスピーカーならじゅうぶんに楽しめる。そして、届いてから一週間、やっとそのCDを落ち着いて聴く。Zoltan Kocsis “DEBUSSY”

粒立ちの良いというのだろうか、とにかくピアノの一音一音が濁らずに気持ち良く響く。ソロ楽器なのに、響きに奥行きも感じる。そして、「月の光」や「沈める寺」など、音色の繊細な変化には絵画的な色彩感も浮かんでくる。楽曲の構成や解釈といった専門的なことは分からない。たぶんに音のテクスチュアを感覚的に楽しんでいるだけに過ぎない。

が、このコチシュの演奏はドビュッシーの描いた世界にぴたりと嵌った気がする。

Youtubeの音源はこちら
https://www.youtube.com/watch?v=BWCzM2KqePo&feature=youtu.be&fbclid=IwAR1Eq5iPT6aPitUsvgO9tCxLwJK-GxqWDqkLEImc_IuxtPO0jsBEkDciIuA

nice!(26)  コメント(4) 
前の10件 | -