So-net無料ブログ作成
検索選択
聴く・クラシック音楽 ブログトップ
前の10件 | -

ブルックナーに引き込まれて。 [聴く・クラシック音楽]

20150407_akarenga.JPG


ブルックナーの第7交響曲を繰り返し聴いている。
外出時はスマートフォンのファイルを聴き、
クルマに乗ればCDをセットして、
デスクに座ればパソコンの貧弱なスピーカーを通し、
そしてたまにはタンノイを鳴らして、とにかく四月はブルックナー漬け。
(いまも、Youtubeからショルティとシカゴシンフォニーのライブ録音が流れている)

4月になってから時計の針が逆戻りしたような寒さが続いている。
雲は切れ目なく空を覆い、
ときおり現れるわずかな明るさもさらに広がることは無く、
そのまま厚い雲に呑み込まれる。

そんな空模様とブルックナーにどんな関係があるか分からない。
いや関係などまったくない。
でもしかし、あの雲の向こうにはきっと明るい光があるはず、
というごく平凡な感想と、ブルックナーの旋律や音色が
何とはなしに結びついてしまう。

パウル・ベッカーは(*)
“ 芸術(音楽)体験において、人はあらかじめ自分の
 中にあるものを再認識しているだけなのだ” としている。

さらに、
“ ・・・一見新しく見えるものも、実はこれまで意識して
 こなかったものが突如として意識されるようになっただ
 け、以前から暗がりの中でまどろんでいた内面の領域に
 突如として光が当たっただけなのだ・・・”と。

さてさて私のどこにブルックナーの7番に反応する因子があったのだろう。
などと考えながら、またスケルツォの響きとリズムに呑み込まれる。

(*)岡田暁生『音楽の聴き方』より引用
  実はこの本、けっこう難しくて確かに読んだものの、
  頭に残っているものは極めて少ない。要再読である。

Youtubeに比較的に音質の良い演奏があります。関心のある方はどうぞ
ブルックナー 交響曲第7番 ホ長調
カラヤン/ウィーンフィル 録音:1989年

第1楽章 アレグロ・モデラート(19分40秒)

第2楽章 アダージョ(23分15秒

第3楽章 スケルツォ(10分11秒)

第4楽章 フィナーレ(13分00秒)

*写真は4月7日の横浜・赤レンガ倉庫 冷たい雨と強い風、ほとんど真冬の天候。
nice!(88)  コメント(10) 
共通テーマ:音楽

吉田秀和氏、逝去。 [聴く・クラシック音楽]

5月22日、吉田秀和氏が逝去された。98歳
NHK-FMの「名曲のたのしみ」の、
あの嗄れた、ちょっとぶっきらぼうな感じもする解説ももう聞けない、
鋭いという言葉だけでは言い表せない「音楽展望」、
それももう読めない、と思うとやはり寂しい。

いまはただ、合掌。


nice!(58)  コメント(7) 

フォーレ、そして西行。 [聴く・クラシック音楽]

20120327_saigyo_faure.jpg

空が少しずつ高くなってきた。
まだ冷たさを含んだ風が、首元にすーっと入り込んでくるけれど、
ようやく春らしい陽差しの到来、今年は待ち遠しかった。

目黒川のソメイヨシノもそろそろ蕾が弾けそう、
開花はあと一週間くらいか。
この季節、フォーレの旋律とハーモニーが、
条件反射のように浮かんでくる。
そういえば、五年前のいまごろ “春の日の、フォーレ” という記事を書いた。
毎年、同じ音楽を同じような心持ちで聴いていることになる。
まったくもって進歩がないのだ。
(去年はその夢見心地の気分には、とてもなれなかったけれど)

西行が見、詠んだ桜をイメージする。
といっても、吉野に行ったこともなく、
ただ数少ない印象の断片を寄せ集めて想像するだけ。

  吉野山こぞの枝折りの道かへて
  まだ見ぬかたの花を尋ねん

西行は桜を詠んだ歌が230もあり、
吉野山の桜を詠んだ歌は六十首におよぶとか。
上の歌は、この記事を書きながらふと思い浮かんだもので、
あまり深い意味はない。

フォーレ、
レクイエムエレジーも、もちろん良いし、
ピアノのための音楽も忘れられない。
そのなかでピアノを加えた四重奏曲と五重奏曲、
そこに散りばめられたアルペジオ、その煌めきは何にも増して美しい。
今年も桜の散る頃まで、その旋律が脳と心の内を駆け巡るのだろう。

12世紀に生きた極東の歌人と19世紀フランスの作曲家、
二人の残してくれた精神の高みと造化の妙、
それを重ねて楽しめる21世紀の愉悦。

春はフォーレ、そして西行。

***
私の好きなJean Hubeu盤ではないけれど、
それとどちらも第一楽章のみですが、興味のある方はどうぞ ↓
Gabriel Fauré : Piano Quintet No.1 in D minor Op.89 (1: molt moderato)
Gabriel Fauré : Piano Quartet No.1 in C minor Op.15 (1: allegro moderato)

nice!(89)  コメント(17) 
共通テーマ:音楽

消えた i Pod と、ベートーヴェン。 [聴く・クラシック音楽]

ときどき使っていた i Pod Shuffle が行方不明。
気付いたのは去年の暮れのころだから、もう半年以上も見つからない。
鞄の中のどこか、あるいはコートのポケット?
そのうち、何処かからポロッと出てくるだろう、忘れた頃に。
だから、真剣に探さない。
そしてだんだんと存在そのものを忘れる。

それでも何の不都合も感じないのは、
たぶんソレを必要とはしていないのだ。

20110614_i Pod.jpg

かつてのウォークマン初代機もCDウォークマンも、
買ったわりにはあまり使わなかった。
車もカセットテープからCDへ変わったけれど、
聴くことは滅多にない。
まぁ、運転中に音楽に没頭するわけにもいかないし。

などと言いながら、それになんとも矛盾ではあるが、
最近仕事中に聴いているのは“Beethoven Radio”。
流れてくるのは文字どおりベートーヴェンの曲だけ、
その徹底ぶりが面白い、ネットの時代ならではだ。
(i Tune → ラジオ → Classical の中にある)

ながらのベートーヴェンというのも、どうかとは思うけれど、
でも、ふとエロイカの第四楽章やレオノーレの序曲第三番などが
流れてくると、妙にうきうきするのだ。

nice!(41)  コメント(13) 
共通テーマ:音楽

レオン・フライシャーのピアノ(NHK芸術劇場) [聴く・クラシック音楽]

20091207_Fleisher Szell.jpg

 レオン・フライシャーの演奏に接したのは、ジョージ・セル/クリーブランド管と録音したレコードが最初だった。ベートーヴェンの協奏曲全集、シューマンとグリーク、それとブラームスのピアノ協奏曲。どれもセルを聴くために求めたLPで、たまたま共演者がフライシャーだったということ。
 いまではあまり聴かなくなってしまったこのLP、セル/クリーブランドのカチッと引き締まった造形美と、テンポもタッチもそれに良く合ったピアノ、その印象は強く残っている。

続きを読む


nice!(47)  コメント(16) 
共通テーマ:音楽

さようなら、ラローチャおばさん [聴く・クラシック音楽]

20091010_Larrocha.jpg

9月25日、ピアニストのアリシア・デ・ラローチャが亡くなった。
2003年、サントリーホールで“日本に来るのもこれが最後、だって飛行機は疲れるし!”とプログラム終了後に、ちょっと残念そうに、でもちょっとお茶目に話していたのが忘れられない。

 

続きを読む


nice!(17)  コメント(7) 
共通テーマ:音楽

1Q84は未読だけれど。 [聴く・クラシック音楽]

20090628_sinfonietta.jpg

ジョージ・セル指揮クリ−ブランド管弦楽団、ヤナーチェク、そしてシンフォニエッタ。この三つの言葉の並びを見てピンと来る人が、このひと月くらいで、いったいどのくらい増えたのだろう。たぶん数十万人は目にしているはず。

 

続きを読む


nice!(31)  コメント(20) 
共通テーマ:音楽

時節柄、第九。 [聴く・クラシック音楽]

 NHKのクラシックミステリー『名曲探偵アマデウス』、欠かさず見るというほどではないけれど、タイミングが合えばけっこう見ている。今週はベートーヴェンの第九。時節柄の選曲で、それ自体はきわめて真っ当。
 この番組は、曲のある一部分、それはやはり聴かせどころが多いわけだけど、そこに焦点を当てて音楽の構造を解きほぐしていくのを、ひとつの特色としている。通り一遍の話が多いN響アワーなどよりも、おもしろい(こともある)。

 

続きを読む


nice!(23)  コメント(17) 

デジタル・バッハ・エディション+iPod [聴く・クラシック音楽]

 いつかは出るのだろう、と思っていたら思いのほか早く出現した。『デジタル・バッハ・エディション+iPod classic 80GB』。J.S.バッハの音楽を、一台の i Pod に容れたもの。CDに換算すると172枚分という。
 ドイツはhansslerというレーベルのバッハ・エディション、その全曲と全ジャケット、オリジナル歌詞が入っているそうだ。(発売は10月20日)
http://www.hmv.co.jp/product/detail/2777580

 

続きを読む


nice!(7)  コメント(6) 

シュミットの四季、あるいは田園の雷。 [聴く・クラシック音楽]

 “停滞する前線に向かって南の湿った空気が、、、”この天気予報のアナウンスを、もう何日聞いているだろう?
 今日も雷雨が来るのか?と空を見上げながら、ヴィヴァルディの「四季」から「夏」を聴く。

 

続きを読む


nice!(12)  コメント(9) 
前の10件 | - 聴く・クラシック音楽 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。