So-net無料ブログ作成

悪天候 [日々の記録]

20160907_kotsubo_640.jpg

東京に住んでいた頃、
たまの旅行では、何はともあれ天候の良いことを願ったものだ。
夏も冬も信州などの山へ向かうことが多かったが、
旅先で運悪く?雨が降ったりすると、旅の楽しみも半減してしまう。
ましてや子ども連れの家族旅行では、この天候問題はとても大きかった。

ところが、海の近くに住むようになると、この悪天候も一概に悪とは言えなくなる。
荒れ出した海は、その奥に潜めていたエネルギーを見せつけ、
心地良い風景に慣れてしまった眺めのパターンを、よいしょとひっくり返してくれる。
もっともっと厳しい自然環境に住む人々からすれば、
何を今さらということではあるが、
これも東京暮らしではなかなか得られない感覚の目覚めるひとときだ。

写真は台風の近づく一昨日(7日)、逗子・小坪の海。
明日はもっと荒れるかもしれない、この場所にまた来てみようか、
いやいや風に飛ばされても困るし、ずぶ濡れも嫌だし、、、
ゴーゴーと響く風の音を聴きながら、ただ海を見つめる。

nice!(43)  コメント(12) 
共通テーマ:地域

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。