So-net無料ブログ作成

スケッチ、海辺の大島桜。 [水彩画とスケッチ]

20150407_sakura_hiroyama.jpg


思い返すと4月の2日は貴重な晴れの一日だった。
その春らしい午後のひととき、披露山公園に桜の様子を見に行く。

ソメイヨシは、これはほぼ満開。
そんな主役級を横目に見ながら、
斜面に一本だけ立っている大島桜に目を向ける。
主役の座は染井さんに譲っても、こちらも見事な花を咲かせている。
そして、葉山の海を見下ろして立つ姿がなんとも好ましい。

ともあれ、すぐ目の前のベンチに腰をかけてスケッチをはじめる。
もちろん、この美しい桜も人を集めるわけで、
立ち止まって眺める人、カメラを向ける人、
そんな人々のすき間越しにササッと一枚描いてみる。

海からの風はまだちょっと冷たいけれど、
やはり陽差しの下で描くのは気持ちがよいもの。

あれっ!水平線がちょっと傾いている。
サッと描くスケッチには、そんなこともあるのだ。

『大島桜のスケッチ』A4(30×21cm)

nice!(96)  コメント(26) 
共通テーマ:アート

ブルックナーに引き込まれて。 [聴く・クラシック音楽]

20150407_akarenga.JPG


ブルックナーの第7交響曲を繰り返し聴いている。
外出時はスマートフォンのファイルを聴き、
クルマに乗ればCDをセットして、
デスクに座ればパソコンの貧弱なスピーカーを通し、
そしてたまにはタンノイを鳴らして、とにかく四月はブルックナー漬け。
(いまも、Youtubeからショルティとシカゴシンフォニーのライブ録音が流れている)

4月になってから時計の針が逆戻りしたような寒さが続いている。
雲は切れ目なく空を覆い、
ときおり現れるわずかな明るさもさらに広がることは無く、
そのまま厚い雲に呑み込まれる。

そんな空模様とブルックナーにどんな関係があるか分からない。
いや関係などまったくない。
でもしかし、あの雲の向こうにはきっと明るい光があるはず、
というごく平凡な感想と、ブルックナーの旋律や音色が
何とはなしに結びついてしまう。

パウル・ベッカーは(*)
“ 芸術(音楽)体験において、人はあらかじめ自分の
 中にあるものを再認識しているだけなのだ” としている。

さらに、
“ ・・・一見新しく見えるものも、実はこれまで意識して
 こなかったものが突如として意識されるようになっただ
 け、以前から暗がりの中でまどろんでいた内面の領域に
 突如として光が当たっただけなのだ・・・”と。

さてさて私のどこにブルックナーの7番に反応する因子があったのだろう。
などと考えながら、またスケルツォの響きとリズムに呑み込まれる。

(*)岡田暁生『音楽の聴き方』より引用
  実はこの本、けっこう難しくて確かに読んだものの、
  頭に残っているものは極めて少ない。要再読である。

Youtubeに比較的に音質の良い演奏があります。関心のある方はどうぞ
ブルックナー 交響曲第7番 ホ長調
カラヤン/ウィーンフィル 録音:1989年

第1楽章 アレグロ・モデラート(19分40秒)

第2楽章 アダージョ(23分15秒

第3楽章 スケルツォ(10分11秒)

第4楽章 フィナーレ(13分00秒)

*写真は4月7日の横浜・赤レンガ倉庫 冷たい雨と強い風、ほとんど真冬の天候。
nice!(88)  コメント(10) 
共通テーマ:音楽

桜日和、横浜・大岡川。 今年の桜・1(?) [水彩画とスケッチ]

20150421_sakurabiyori.jpg

今年の四月、冷たい雨と風ばかりが吹いていた。
たまに晴れてもタイミングが合わず、花見もしないまま時は過ぎ、
人の都合などお構いなしに桜は散っていく。
それでも “ 今年の桜 ” はなんとか描きたいもの、去年は失敗だったし。
そして、写真を見ながら思い出し描きを一枚。

場所は先月の展覧会の会場の裏手を流れる横浜の大岡川、その桜並木。
会のはじめ頃は2~3分咲きだった染井吉野が、終わる頃にはほぼ満開になった。
結局、この場所で見た桜が今年の “ いちばん ” だったかもしれない。
カメラ、といってもスマートフォンだけれど、
ともかくレンズを向けておいて良かった。

“ 今年の桜 ” は消化不良のまま終わってしまった。
それでも、走る車の中から横目に眺めた丘の桜、
電車の窓越しに一瞬見えた光に満ちた桜、
端正な表情が印象的だった海辺の大島桜、
そんな光景と過去の記憶が重なって、
桜を描いてみたいという気持ちは、かえって強くなった気がする。

さて、「桜・その2」を描いてみようか?
小さなスケッチとこの桜だけでは物足りないし。

『桜日和』
F6(42×32cm)水彩

nice!(105)  コメント(25) 
共通テーマ:アート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。