So-net無料ブログ作成
検索選択

インフルエンザ [日々の記録]

20150304_Tamiflu.jpg

インフルエンザに罹った顛末、興味のない方には面白くも
ない話です。どうぞ飛ばしてください。

 3月1日、前日の夕方から上がりはじめた熱が下がるこ
となく昼頃には39度を超えた。何年かに一度は高熱を出す
風邪をひくことがあるが、だいたいはひと晩を越せばけろ
っと治ってしまう。もちろん、それなりに体力は消耗する
わけで、熱が下がってからもしばらくはフワフワとした何
日かが続くけれど、ま、それで治まる。

 ところが今回はちょっと様子が違う。二日目になっても
熱は下がらず、それどころかどんどん上がるばかり。加え
てむかつくような気分の悪さに、ベッドの上で寝返りを打
つのも難儀な状態が続く。1月に花粉症と思って受診した
際に “これは立派な風邪です”と見立てられ、処方された薬
の残りを呑むが、そんなものではとても効かない。熱、む
かつき感、節々の痛み、状況は悪くなるばかりだ。いった
いこれは何なのだ。

 冷たい雨の降る中、家人の運転するクルマで地域医療
ンターに駆け込む。たった十分ほどで着く間も尋常ならざ
る嘔吐感に悩まされる。(後になって考えると、この休日
診療で良かったと思う。なにしろ待ち時間が無い!もし月
曜日まで我慢してかかりつけのクリニックを受診していた
ら長大な待ち時間に苦しみ、なにより、発症から48時間
以内に服用しないと、効果が下がるというタミフル服用の
チャンスを逃してしまったかもしれない。)

 診察の結果はインフルエンザA型とのこと。去年の 12月
に予防接種は受けているのに罹るときは罹る。 “ それでも
受けているからこの程度で済んでいるんですよ” という医
師の話を聞いて、もし受けていなかったらどれほどひどく
なるのか?と戦慄を覚える。ちなみに、同行の家人も風邪
をひいていたので診てもらうと、これがインフルエンザと
判明。こちらは、もう治りかけているのでほぼ心配はない
とのこと。要するに、ワタシは家の中でインフルエンザに
感染したらしい。そして家人は、たしかに普段の風邪より
ひどい症状ではあったが、ワタシの症状よりはいくぶん軽
い。そして予防接種は受けていなかった。女性の方がイン
フルエンザには強いのか?

2月28日 ・夕方から発熱、夜遅くには38.9℃
3月1日 ・終日発熱(ピークは39.3℃、午前10時頃)
     ・熱と嘔吐感続き、15時に休日診療を受診
     ・食欲まったくなし、レモンと蜂蜜を薄めたド
      リンクを飲むのがやっと
     ・たんに発熱のためかあるいはタミフル服用の
      せいか、一晩中、奇想天外な夢を見続ける。
      これはこれで貴重な体験だった。
3月2日 ・朝6時の体温37.4℃、久しぶりの7度台
     ・少し楽になるが嘔吐感は消えず、部屋の中を
      歩くだけで気分が悪くなるのは治らず
     ・病人食?はかろうじて食べられるようになる
     ・夕方18時には36.4℃まで下がる、ほぼ平熱

 3日、ずっと気になっていた連絡をようやくとった。
実は、28日の土曜日、鎌倉で開催中の写真展に出品されて
いたレインさんの作品を拝見するため出かけていたのだ。
会場ではタイミング良くレインさんにも会え、写真やその
他のことなどいろいろとお話しをさせていただき、他の方
々の作品も併せて様々な「鎌倉」を見せていただいた。た
だ、レインさんと話している最中に私がときおり咳き込む
ことがあり、すでにインフルエンザを発症していたはずの
私からの感染は無かっただろうか?インフルエンザの発症
は感染から1〜2日、長くても3日と短い。28日から最大
でも3日とすると「3月3日」はひとつの目安となる。幸
い、名刺を頂いていたので連絡を差し上げると、いまのと
ころは問題なしとのこと。ひとまずホッとするが、油断は
出来ない。その後、レインさん大丈夫かしら、、、いや、
まだ心配ではある。

 インフルエンザに罹ったのは初めてである。いや、過去
に罹っても知らずに過ごしてしまったことがあるかもしれ
ないが、明らかな感染は初めて。だからタミフルも初体験。
吞みきってくださいと出された5日分を吞みきるまでは外
出も出来ず。いや、今日になっても熱は下がったが、胸や
胃のむかつき感は、まだ消えないから表に出る気にもなら
ないが、、、

 さて、今シーズンはもうインフルエンザに罹ることもな
いだろうが、さて次のシーズン、予防接種をどうするか?
いや、もちろん受けるのは必須と思うけれど。


今月24日からは、毎年恒例の展覧会が控えている。その準
備、要するに駆け込み制作に精を出さないといけないのに、
この数日のブレーキは痛い。といっても、もう少し気分が
良くならないと筆をとる気にもならず悩ましい。でも昔か
ら、何かアクシデントが起きたときの方が、火事場の何と
やらで、けっこう上手くしのいだことも多々ある、その経
験を信じよう。余裕?いや、たんなる開き直り。

nice!(85)  コメント(28) 
共通テーマ:健康

午睡、横須賀・長井漁港。 [水彩画とスケッチ]

20150309_gosui_nagaiko.jpg

国道134号線を南へ向かう。
葉山、秋谷、佐島と過ぎると直に長井港に着く。
名物の朝市は、実はまだ一度も間に合ったことがない、
いつも出足が悪く美味しいところを逃してしまう。

その朝市もとっくに終わった頃、
それでも何か無いかと水産センターの売店を覗いてみる。
朝市が終わっても目を惹くものはまだたくさんある。
持参のクーラーバッグが膨らんだ頃、
真夏の陽をじりじりと浴びながら海を眺める。
漁を終え、岩壁にも船も人影が無い。
港も船も午睡のまんなか、みんな何処へ?

二年ほど前のスナップ写真を参考に記憶をたぐり寄せ、
インフルエンザから復帰のリハビリ水彩。

あと何ヶ月かすると、またこんな夏の日が来る。

『午睡』
F6(41×32.5cm)White Watson・水彩

nice!(117)  コメント(26) 
共通テーマ:アート

小坪港の帰帆。 [水彩画とスケッチ]

20150312_kotsubo_kihan.jpg

キス、アジ、カワハギ、イサキ、スズキ
イシダイ、クロダイ、メジナ、カマス、カサゴ、、、
逗子の老舗の釣具店で貰った「逗子・葉山・磯釣船釣・釣場案内」によると、
そんな魚たちが釣れるらしい。

子どもの頃、家の近所の小川で小魚を釣った記憶がある。
あれはいったいどんな魚が釣れたのだろう?
大人になってからは、目と鼻の先で放流された鱒を釣ったのが唯一の経験。
これは早川の鱒釣り場だった。

いずれも、全力で抵抗する魚の力強さに驚き、
それが手や腕に伝わる高揚感は忘れることはない。
しかしながら、その後はまったく釣りとは縁のない何十年かを過ごしている。
ときおり、お隣さんが釣ったアオリイカのお裾分けを楽しみにする体たらくなのだ。

冬の週末、小坪港からは朝一番に釣り客を乗せた船が出て行く。
そして夕暮れ、その船が港に帰ってくる。釣果は如何に?

そんな様子を見ながら、
港の直売所で金目鯛をおろしてもらう。
自分で釣らなくても美味い魚は美味い。

『帰帆』
F6(41.8×31.8cm)WhiteWatson・水彩

nice!(107)  コメント(23) 
共通テーマ:アート

浦賀の箱 [日々の記録]

20150322_tokifune.jpg

『時空の箱舟展』 〜8人の作家による箱作品〜

   ・・・時空の箱舟をゆっくりと尋ねたら、
      作家たちの心さえ見え隠れするかもしれない。

DMハガキの案内文の最後を読みながら、
土曜日、浦賀のギャラリーへ向かう。
木版画家である学生時代の友人が出品しているが、
他の7名の作家はまったく初めての出会い

ギャラリーの壁には、少ない作家で四個、多い人は十数個、
トータルで、いや数えなかったけれど、
それぞれの箱に込めた思いは何なのか?
ある箱は文字どおり玉手箱のようでもあるし、
またある箱は小さな舞台のようにも見える。
どこか謎解きのような感覚も味わいながら眺める。

作家も全員集まって夕刻からオープニングパーティ
個々の作品について、あれやこれやを聞いたり尋ねたり、
美味しいお酒がすすめば、会話もだんだんと熱を帯びてくる。
そして気が付けば、
ついさっきまで夕焼けに染まっていた浦賀湾もすでに闇の中。

8つの作風が頭の中を駆け巡り、
そこにほどよい酔いも手伝って、いつになく快調な脳の働きを実感。
あの作品はもっとこうすれば、いやいや、、、とか。
そうだ、今度の絵では、あの人のあの視点を参考にしてみよう、、、とか。
そんなことを脈絡無く考えながら歩けば、
往きはちょっと遠いと感じた浦賀駅にもすぐに着いてしまった。

さて、私の方も明日から合同展が始まる。
出品作のタイトルを決めなければ、、、


『時空の箱舟展』 〜8人の作家による箱作品〜
ギャラリー時舟 神奈川県横須賀市東浦賀2-4-21 東岸 渡船場隣
3月22日~4月5日 11:00~17:30(最終日は16:30)
火曜、水曜は休廊  http://tokifune.com/

nice!(61)  コメント(9) 
共通テーマ:アート

高校美術部のOB展・2015 [日々の記録]

20150324_nankikai.jpg


去年とほぼ変わらぬメンバーの
去年と同じような作風の、
去年の開催日からは一週間遅れの24日、
高校美術部OBの合同展が始まった。
参加者は18人のOBと、もちろんご健在の顧問の先生、
今年も和気あいあいと。
今回は二人の新メンバーが加わり、
ほんの少しだけ平均年齢が下がった。喜ばしきこと。

24日には、案内状にうっかりと「24日・午前」も在廊と書いてしまったため、
まだ準備中に来てしまった友人二人。
(お土産の獺祭とボルドー、皆で美味しく頂きましたヨ)
午後には、
ブログではお馴染みのよしあき・ギャラリーさんがお越しに。
一昨年も見えられたのにお会いできず久しぶりの再会、
遠いところをわざわざお越しいただき、恐縮至極です。
よしあきさん、ありがとうございました。

さて、時は春、
会場裏の大岡川の桜も会期中には咲く見込み、
熟々年世代の作品に花を添えてくれるかもしれない。

第16回 南期会展
横浜吉野町市民プラザ
 横浜市南区吉野町5-26
 地下鉄ブルーライン吉野町駅より徒歩3分 京急・南太田駅より徒歩5分
*3月24日〜3月30日 10:00〜18:00 最終日は〜16:00
 (私は26日から30日までの午後、会場に居ます)

nice!(98)  コメント(18) 
共通テーマ:アート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。