So-net無料ブログ作成

葉山、小浜。 [水彩画とスケッチ]

20140927_kohama.jpg


このところ鉛筆スケッチばかり、
パレットの絵の具も乾いたままだ。

逗子の渚橋交差点から県道207号を森戸方面に向かい、
葉山町に入るとすぐに葉山港、葉山マリーナが現れる。
その葉山港の手前に、小さな、ほんとうに小さな浜がある。
一色、森戸、長者ヶ崎、大浜、といった他の葉山の海岸に比べれば、
浜というのも気が引けるほどの小ささだ。
なにしろ、砂浜の長さが100メートルにも満たない。

海岸の案内板には「小浜」とある。
浜に上がった貸しボートにも「葉山・小浜」と書かれているが、
この地名、地図ではあまり見かけない。
また「鐙摺小浜」という呼び方もあるようだ。
とにかく、これだけ小さいと誰でも小浜と呼びたくなる。

9月の27日、その小浜の遊歩道から砂浜越しにレストランを眺める。
建物(LA MAREE DE CHYAYA)はかなり単純な構造なのだが、
規則的に並んだ窓を描くのが意外に面倒くさい。
正午前の光は平凡、描くなら、たとえば日没前の夕景あたりが良さそう。
とはいえ、描き始めたからにはなんとか仕上げよう。

20140927_kohama_2.jpg


ときおり吹く風に舞い上がった砂がスケッチブックの上に落ちる。
陽差しはちょうど良いのに、この風がちょっと厄介だ。

少し離れたところで同じ世代(と思われる)男性が、
ウィンドサーフィンの帆をセットしている。
ひとしきり作業を終えて、浜辺へ向かうがすぐに引き返してくる。
聞けば、今日の風に合わせたつもりが、少し小さかったので、
もう一回り大きいものに変えるとのこと。

ところでウィンドサーフィンの帆の大きさは、
たとえばS・M・L・・・とかなんですか?と素人丸出しの質問をしてみる。
いや、平米数です。これは5.5平米です。
風があるので4平米を準備したが、思い直して5.5平米にしました、と。
なるほどね~ 世の中知らないことばかりなのだ。

スケッチを終える頃、ウィンドサーファーおじさんも沖から戻ってきた。
どのあたりまで行ったのだろう? 聞けば良かった。
ともかく、陸上の「道」の他に、海の道もあるわけで、
そこから見る風景、それを眺めてみたい気もする。


このあたり一帯は鐙摺(あぶずり)とも呼ばれている。
その昔、頼朝がこの地を訪れた際、
山路が狭く馬の鐙が摺れたところから、
鐙摺の名がついた、そんな由来があるそうだ。
目の前の海とは無関係な地名だが、印象的な名前だ。


このスケッチをしている最中に御嶽山が噴火した。
楽しいはずの紅葉登山が一転。
マグマのエネルギーを抱え込み、
プレートのせめぎ合う上に乗っかっている日本、
山も海も美しい姿は事象の半面か。

『葉山、小浜。』
A4 CANSON SKETCH PAD 鉛筆

nice!(148)  コメント(26) 

葉山、一色海岸。 [水彩画とスケッチ]

20141018_isshiki kaigan.jpg


久しぶりに台風の来ない週末。
明るい陽差しはやはり気持ちの良いもの、
なんとも秋らしい。

こんな日に家の中にいたらバチが当たる。
なんのバチかなどということはどうでも良い、
この陽差し、この風を受けて輝く様を見なさい!
と、あちらこちらの風景がワタシを誘うのだ。

お誘いがあったら断るわけにはいかない。
土曜日は葉山、日曜は鎌倉へ自転車を走らせる。

さて、土曜日。
まず立ち寄ったのは、
先月末のスケッチで描いた葉山・小浜のレストラン(ラ・マレー・ド・チャヤ)。
前回より2時間ほど早い陽差しの当たり方を確認する。
太陽の角度が低いから、影のでき方も当然違う。ふむふむ

そして進路は南へ。
葉山港、森戸海岸と森戸神社、真名瀬漁港、
少し走っては気になる場所で停まり、また走っては停まる、
この繰り返しだから、とても自転車で走るというスピード感は無い。
まぁ、スケッチポイントを探す一種のロケハンだから、
そんな調子でよいのだ。

腰を下ろしたのは一色海岸、葉山の御用邸の脇。
穏やかな海、暑すぎない陽差し、そして微風、
ベンチに腰掛けて目の前の風景が気持ちに入ってくるのを待つ。

スケッチブックの上に松の枝が影を落とす。
聞こえる音は柔らかい。

それにしても人が居ない。
いや、散歩する人、本を読む人、昼寝っぽい人、ウィンドサーファー、
と、居るには居るのだが風景の広さの中では点描のようで、
人の気配というある種のまとまった存在感にまでは至らない。

眼の端に御用邸警備の警察官の姿が目に入る。
遠くの水平線を眺めている彼も点描のひとつ。

20141017_hayama goyoutei.jpg


それにしても浜から見る御用邸のロケーションは素晴らしい。
中の様子はもちろん窺い知ることもできないけれど、
この海と山の醸し出す空気は、やはり絶景だ。

二十分ほどでスケッチを終える。
ペットボトルの水が美味しい、ちょっと温いけれどね。
鉛筆で描き始めたスケッチだが、思い直して細いサインペンに変える。
明暗のコントラストをはっきりと描こう、そんなつもりから。
いや、でも、鉛筆の調子を活かすべきだったかな、、、
いずれ、紙のサイズも大きくして着彩してみよう。
いつにことになるやら、ではあるけれど。

9時過ぎに家を出て、うろうろ走って、一枚描いて昼過ぎに帰宅。
ビールとパスタをいただけば、あとは睡魔に身を任せるばかり。

『葉山、一色海岸』
A4 CANSON SKETCH PAD ピグマ/0.4mm
nice!(132)  コメント(18) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。