So-net無料ブログ作成
検索選択

春の彩り。逗子、久木の桜 [水彩画とスケッチ]

20140704_hisagi_sakura.jpg

七月四日、見上げる空は冷たい灰色。
海からの風には、まだ夏の気配はまったく無く、
ポロシャツ素肌の間を冷たい風が吹き抜ける。
それでも夏は近い、先週末には逗子の海開きもあった。

そんな季節になったのに依然として桜を描いている。
いったいいつまで続くのやら?


逗子から鎌倉の二階堂に抜ける道を走っていると、
右手に小高い丘の連なりが見える。
この界隈の風景には、東京暮らしの時代も親しみを覚えていた。
何気ない山や丘、それと空をいつも感じていられる、
こんな所に住むのも良いかもしれない、と漠然と思っていた頃だ。

この小さな丘も、
桜の散った後、新緑の一瞬の輝きを見せたあとは、
ごく平凡な夏の山の姿になる。
この地域には、こんな名もない、
いや本当はちゃんとした名前があるのかもしれないが、
ともかく小高い丘のような山のような起伏が続く。
地層が褶曲してできたとされる三浦半島の特徴的な地形だろう。

実は、この丘の向こうには池子の米軍施設がある。
逗子市は区域の一部の返還(今はまだ共同使用の実現)から、
最終的には全面返還を目指しているとのことだが、
横須賀に基地がある限り、ずっと続くのかもしれない。

それはともかくとして、
桜は、その大地の凸凹のあちらこちらに、
この季節だけの彩りの笑みを加える。
柔らかな「春の祭典」だ。

『春の彩り・山の桜』
F8(46×37.5cm)ホワイトワトソン・水彩

nice!(118)  コメント(24) 
共通テーマ:アート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。