So-net無料ブログ作成
検索選択

桜の花の下で [水彩画とスケッチ]

20140602_sakura_no_shita.jpg


住まいの近くにある眺めの良い小さな丘。
空気の澄んだ日には富士も良く見える丘。
ふだんは地元の人が犬を連れて散歩をしたり、
子供達が思い思いに遊ぶ小さな丘。

その丘に桜の樹がいくらかある。
人の手によって植えられたものもあると思うが、
大半は自生ではないかと思う。
数が多いわけではないから、もちろん名所ともいえない。
それにきちんとした手入れがされている様子もない。
ただ、みな違う品種のためか、花の開く時期が微妙にずれる。
そのおかげでけっこう長いあいだ花見を楽しめる。

染井吉野のように見えるがたぶん違う品種の桜、
その下を甲高い声をあげて子供達が走っていく。
桜の花の向こうの原っぱへスキップしながら。

桜の季節はあっという間に行ってしまったけれど、
水彩紙の上ではまだまだ終わらない。

『桜の花の下で』
F6(41×32.5cm)ホワイトワトソン・水彩

nice!(75)  コメント(17) 
共通テーマ:アート

梅の実、三つ。 [水彩画とスケッチ]

20140602_ume.jpg

五月、庭の梅の木が実を結んだ。
去年はこんなに実がなるのか!と感心したのに、
今年はあっけないほどに少ない。

豊作の翌年の裏作なのか、
梅の花を直撃した二月の大雪の影響なのか。
定かには分からないけれど、また来年に期待。
さて、一年前に仕込んだ梅酒の味見をしてみようか。

『梅の実』
(21.5×15cm)ホワイトワトソン・水彩

nice!(82)  コメント(21) 
共通テーマ:アート

紫陽花、ネコ、妙本寺。 [水彩画とスケッチ]

20140622_myohonji.jpg

“ 妙本寺の紫陽花もそろそろ色濃くなってきたでしょうか ”
と、mozさんのコメントに背中を押され、久しぶりに訪ねる。
二月の大雪の後に訪れのが最後だから、四ヶ月ぶり。

20140621_myohonji_ajisai.jpg

妙本寺の紫陽花は数はさほど多くはない。
が、そこに咲く紫陽花色は、
深山の趣ともいえるようなこのお寺の静けさと良く調和している。
それに、なにより混雑していないのが良い。
もちろんこの時期、レンズの気配はあちらこちらに感じるが、
気になるほどではない。
とにかく木々や花たちがしっかりと息をする空間、
その花たちをのんびり眺める時間はしっかりと確保されている。

大町を抜け、途中の八雲神社に寄り道しながらのんびり歩く。
今朝は梅雨の晴れ間特有の暑さ、だからのんびり歩く。
ペットボトルの水を呑みながら、のんびり歩いて四十分、
総門をくぐればすぐに鬱蒼とした林が迎えてくれる。
その木立がつくる空気は温度をたぶん三度ほど下げ、
吸い込む酸素の質まで変えてくれるような、そんな気がする。

ここが鎌倉の駅からほんの数分の場所なのか?
いつものことながら、そのギャップに驚きながら、
奥深い山の森に迷い込んだような気分を味わう。
期待どおり、今日も空気の質感が一瞬にして変わる。

紫陽花を横目に見ながら手水舎を眺める。
太陽の光を反射する屋根瓦が美しい。
同じ美しさなら祖師堂の大屋根も十分に魅力的だが、
今日の気分はこの小さい手水舎。

近寄ってきたネコがミャォとひとなきして、ごろんと寝そべる。
初めからそこにいてくれれば描いたかもしれないが、
もうスケッチの構図も決めてしまった。
それと気まぐれな彼?がずっと同じ姿勢のままでいる保証もない。
だから今日はネコ無し。

20140621_myohonji_neko.jpg

でも、このネコを入れた絵をもう一枚描こうか、な。

『スケッチ・妙本寺の手水舎』
A4 CANSON SKETCH PAD 鉛筆

nice!(109)  コメント(34) 
共通テーマ:アート