So-net無料ブログ作成

海を見ながら初滑り@2月9日・逗子 [逗子とその周辺]

20140209_NCM_1094.jpg

ソチの画面を見ながらふと外を見るとものすごい吹雪。
奥日光や北八ヶ岳で本物の地吹雪に遭遇したことはあるけれど、
家でコーヒーを飲みながら見られるとは思わなかった。

翌朝(9日)、ベランダに降り積もった雪はどう見ても40cmはある。
強い風に飛ばされなかったら、もっとあっただろう。

ひとまずは汗をかきかき道路の雪かき。
本当は道路も積もったままなら格好のXCコースになるのだけれど、
ま、そんな願望を持つ大人などたぶんきわめて少数、
それにいざというときに緊急車両も通れないと、これは困るし。


20140209_NCM_1102.jpg

歩いて数分の丘に板を担いで向かう。
ちょっとしたグラウンドほどの原には子供達の遊んだ跡だけ。
もちろん長い距離を気ままにスキー散歩というわけにはいかないが、
久しぶりの滑る感覚は十分に楽しめる。
前のスキーが何年前だったか記憶も定かではないが、
たぶん十年以上は経っていると思う。
シューズをビンディングにはめ込むコツを思い出しながら、
いざ歩き始めると、滑る感覚は一瞬にして蘇る。
まぁ、自転車も泳ぎも一度覚えれば忘れないというのと同じことだ。

丘のてっぺんから相模湾を望む。
風も無く、陽差しはもう春の明るさでちょっと暑いくらいだ。
ともかく、
スキーを履きながら海を見るという予想もしなかった状況も、
これも何十年振りかの大雪のおかげ、季節の悪戯もおもしろい。

アップダウンの少ない、要するにあまり疲れないXCフィールドへ、
また出かけてみようか?
そういえば昔は、冬場はスタッドレスタイヤを履いて、
いつでも出かけられる態勢を整えていたなぁ、
と思い出したりする午後のひとときだった。


45年ぶりの積雪と聞いて思いだす。
大雪の翌日、
東京タワーの展望台から白い東京を見たのは1969年の冬。
あれは何月だったのだろう。

nice!(73)  コメント(21) 
共通テーマ:日記・雑感

円覚寺の紅葉-三 [水彩画とスケッチ]

20140219_engakuji_koyo_3.jpg


依然として去年の紅葉を描いている。
今回は、鎌倉の円覚寺大方丈庭園。
広い境内の中ほどより少し奥にあるこの場所は人気も高いようで、
いつも多くの人が紅葉を、方丈を、そして池を眺めている。
運良くカワセミの姿を間近に見られることもある。

この池は心という字をかたどっているところから
「心字池」と呼ばれている、とこれは後から知った。
そんなことを知らなくても、
この池とその奥に佇む大方丈、それと背後の林が作る空間、
その落ち着いた雰囲気はとても心地良く、
ごく自然に音楽が聞こえてくるような気がする。
ブラームスの室内楽やシューベルトのピアノソナタでも良い、
吹く風が戯れのように作りだす自然の旋律でも良いかもしれない。

この程良い空間感覚、
人々が歩みを止めてしばし庭園を眺めるのも、
分かるような気がする。

さて、二月も明日からは下旬、
いつもの年なら杉の花粉が気になるころなのに、
今年はいったいどうしたことか、まだまだ気分は冬。
ともかく大雪のためか寒さの感覚もなかなか緩まず、
そろそろ「春」に取りかかろう、という気も起きない。

来月には高校の美術部OBの合同展がある。
どの絵を出品するか?迷うほどの枚数を描くはずだったけれど、
この一年の少作ぶりは我ながら呆れてしまう。
さて、あとひと月、追い込み、追い込み、、、

F6(41×32.5cm)ホワイトワトソン・水彩

nice!(92)  コメント(26) 
共通テーマ:アート