So-net無料ブログ作成
検索選択

逗子海岸花火大会 [逗子とその周辺]

6月1日、逗子海岸花火大会
おおぜいの人出の安全確保のため、二年前から6月の開催になったとのこと。
逗子市の人口が約5万8千人、そこに去年は12万の見物客が訪れたという。
加えて観客席の砂浜が、海の家が建つとさらに狭まり、見物客があふれてしまう。
そんなことを考慮しての、これは賢明な対応だろう。
夏にはまだちょっと間があるけれど、事故が起きてからでは遅いし。

20130601_zushi_hanabi_1.jpg

さて、花火。
見せ場は最後の15分のフィナーレ。
総数7000発のうち、6000を超える花火が、この15分に打ち上げられる。
フィナーレにいたる前半の、少しのんびりしたテンポが、
この6000発を引き立てるために用意された演出に思えるほどだ。

障害物のない海上で打ち上げる花火は、
せせこましさのない豪快さを見せてくれる。
そして、花火の数・大きさもさることながら、
間近での打ち上げならではの空気の振動、これも魅力的だ。

20130601_zushi_hanabi_2.jpg

総じて、煌めき、華やかさ、そしてあっけなさと余韻、
それらを五感で感じられる花火だった。
残念だったのは、季節はずれの肌寒さ。
せめてTシャツ一枚で気持ち良く見られる、
そんな陽気だったら、なお良かった。

花の微妙な色合いや、工夫を凝らしたカタチの妙味といった、
花火ならではの伝統的(といって良いかどうか分からないけれど)な
技を愛でるのも花火の見方のひとつだろう。
一方で、大きく派手なものに惹かれるのも人の心ではある。
だからというわけでもないが、花火師もたいへんだ、と、ふと思う。
なにしろ人の欲求は尽きない、
“今年は凄かった、でも来年はもっと凄いぞ”などと、
見る方はいたって呑気に考えてしまうのだから。

nice!(102)  コメント(36) 
共通テーマ:地域

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。