So-net無料ブログ作成

『月読』中川健二木版画展、浦賀にて。 [日々の記録]

20121201_nakagawa_1.jpg

今回はちょっと辺鄙なところなんだ、
と、学生時代の友人から個展の話を聞いたのは10月のはじめ、
場所は浦賀、たしかに意外な場所だ。
この数年はもっぱら日本橋で開いていたのに何故?
いずれにしても以前に住んでいた目黒なら、覚悟を決めないと行けない場所。

たとえば都内から電車とバスを乗り継いで、
三浦半島のほぼ先端のこのギャラリーにたどり着く。
もう、それだけでちょっとした旅行だ。

20121129_nakagawa_2.jpg

ギャラリーと道をはさんだ反対側には、
黒船の来航時に、吉田松陰と佐久間象山が会ったという旅館が残っていたり、
まわりを見回すと、十数階建てのマンションが無遠慮に空を狭めていたりするが、
それでも、この浦賀湾に面した一画には、
都市生活では味わえない非日常的な空気が漂っている。
良いところがまだまだ残されているではないか、
と、心も躍ろうというものだ。
ま、この感覚には個人差はあるとは思うけれど。

ギャラリーの真横にある「浦賀の渡し」の発着場に、
渡し船がときおり静かに行き来する。
その様子もギャラリーに一カ所ある窓から手に取るように見える。

20121201_nakagawa_2.jpg

とても静かなこの環境に、友人の木版画はとても似合っている。
(この「辺鄙な地」を展示場所として選んだ友人の読みに乗せられたか?)
いや、たぶんどんなマテリアルの作品でも、
ずっとそこにあるような錯覚を覚えてしまう、そんな不思議な力を持った空間だ。

初日(11月29日)、学生時代のほかの友人とも合流して訪れる。
そして今日(12月1日)、午後の陽差しに誘われて二度目の訪問。
作品をもっと味わうことが第一の目的、
普段の会話からだけでは窺えない“作家の内面”をとくと見る。
二番目はこの不思議な場所をもういちど体感するために。

ふと気がついた。
どうせなら、対岸から舟に揺られて来れば、
といってもほんの二三分で着いてしまうらしいけれど、
そこで会う木版画は、またひと味違う趣を醸し出すかもしれない。

20121201_nakagawa_3.jpg

月の光に誘われて
中川健二木版画展
『月読』<つくよみ>より
11/29〜12/11 11:00〜17:30(最終日は16:30まで)水曜休廊
ギャラリー時舟:神奈川県横須賀市東浦賀2-4-21 東岸・渡船場隣


nice!(69)  コメント(16) 

北鎌倉、東慶寺本堂。 [水彩画とスケッチ]

20121212_tokeiji.jpg


北鎌倉の東慶寺は、山門から墓苑まで百メートルを少し越えるほど。
たとえば鎌倉街道をはさんで反対側の円覚寺などに比べると、
ずいぶんとこぢんまりとしている。
事実、円覚寺の弁天堂の見晴台から眺める東慶寺は、
まるで箱庭のように可愛らしい。

その空間に合わせてか、書院、本堂、宝蔵とならぶ建造物も、
仰々しさを感じさせない程良い大きさ、いや小ささ、そして楚々とした佇まい。
その端正で清潔感の漂う造形、押しつけがましくない清々しさが、
このお寺の性格というか品格を表しているように思える。

とくに本堂の端正さは気持ちを惹きつける。
昭和10年の再建というから、
やはりどこかに“新しさ”を感じてしまうのかもしれない。
それ以前にあった仏殿が、なぜ横浜の三渓園に移築されたのか?
という疑問も湧くけれど、
それはそれとして、“今の”本堂はこの境内にとても良く合っていると思う。

その本堂を描きたい。
が、ベストポイントは本堂の前の門の真下。
小さな門の、それも人が頻繁に出入りする場所である。
そんなところでスケッチブックを拡げるわけにもいかない。
ほんとうに狭いのだ。
じっくりと眺めて、眺めて、眺めて、覚える。

訪れたのは10月13日、もうふた月も前のこと。
良く良く見たつもりが、何か見落としているような気がする。
というわけで翌日に再訪。

再び訪れて、何が分かったというわけでもない。
細部の形など写真を撮っておけば済みそうなものだが、
やはり現地の空気、匂いが必要なのだ、と自分に言い聞かせる。

それはともかく、描き終える頃には紅葉も真っ盛り。
こちらのほうは今月の七日に見物に行ったが、
さて絵になるのはいつのことになるのやら。
相変わらずの遅筆なのだ。

時間をかければ絵が良くなる、というわけでもないけれど。

『東慶寺』
F6(39.7×31.5cm) Montval Canson・水彩


*何人かの方からコメントを頂き、
 誤解を生んでしまったようなので、追記(12月17日)
「細部の形など写真を撮っておけば済みそうなものだが、」
と書いてしまい、これはちょっと言葉足らずでした。
あっという間に消えてしまう目の記憶、
それを補うために覚えのための写真は撮ります。
要はその使い方、
写真に頼り切っては描くべきものが消えていく、
そうなってしまいますから。


nice!(145)  コメント(48) 
共通テーマ:アート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。