So-net無料ブログ作成
検索選択

林試の森の欅 [水彩画とスケッチ]

20111107_keyaki_rinshinomori.jpg

秋の薄日の差す昼過ぎ、まだ若いケヤキを描く。
場所は林試の森公園。
このちょっと変わった名前はかつての「林業試験場」の略。

目黒区と品川区にまたがるこの公園は、
樹木の数も多く、その種類もとうぜん多い。
おもだった木には解説のプレートが付いている。
名前を知ったからといって何かが分かるわけでもないが、
それでもその先の糸口にはなる、これはありがたい。

園のすぐとなりには目黒不動、
近くにはひっきりなしにクルマの走る山手通りがある。
街中で林の落ち着きを味わえるこの場所は、そのクルマ道からもすぐ。
ここは隙間のない都市にとっての必要空間。

欅・林試の森公園
F8(46×37.5cm) ホワイトワトソン・水彩

nice!(138)  コメント(72) 
共通テーマ:アート

秋の日の駒沢公園 [水彩画とスケッチ]

20111128_komazawa_koen.jpg

暖かい土曜日(といっても11月の12日)、駒沢公園へ。
久しぶりの自転車も、ひと漕ぎすればじきに到着、約5キロ。
園内のサイクリングコースをぐるっとひとまわり、
週末はランナーの数が多い。
みな走る、走る。

映画『卒業』のラストシーン近く、エレーンの結婚式に駆けつける姿、
脱げ落ちそうなマウンテンパーカーが格好良かった。
公園で怪我をした息子のビリーを抱きかかえて
走る、走る、『クレーマー・クレーマー』。
ダスティンホフマンの走る姿はなぜか記憶に残る。

のどかな陽差しを浴びて走る人々を見ていたら、
そんなダスティン・ホフマンのイメージが浮かんだ。
卒業もクレーマー・クレーマーも、そのシーンは秋だったのではないだろうか?
少なくとも真夏と真冬ではない、うん、やっぱり秋がいちばん似合う。
ふと頭の中に響く“Sound of Silence”、もう40年以上も昔の記憶。

駒沢公園
F8(46×37.5cm) ワトソン・水彩

nice!(115)  コメント(50) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。