So-net無料ブログ作成

3月11日の記録 [日々の記録]

サブ(のサブのような)のWindowsのワイヤレス接続が不調になった。
ネットワーク接続やらなにやら調べて、
といってもWinのことはよく分からないわけで、
こりゃ困った、と椅子から立ち上がったら、珍しく立ちくらみ。
いやだなぁ、どこかカラダの具合が悪いのか、、、
その変な感覚が地震と気付いたのは、何秒後だろう、
建物から外へ出られなくなったら大変、
慌てて表へ出るのは危険だが、ともかくドアを開ける。

三匹の猫のうちでいちばん敏感なナナが、
不安げな顔をしてうずくまる。
大きくゆさゆさと揺れることから、震源が遠いことは分かる、
しかし大きな揺れだ。
これまで体験した地震の中でいちばん大きい。

ガレージのクルマがぴょんぴょん跳ねる、
建物全体から、ミシミシというかギシギシというか、
ともかく苦しげな音が聞こえる(ような気がする)。
建物が一挙につぶれることはないだろうが、
このまま揺れが大きくなると、やはり心配である。
二階で花瓶か何かが落ちる音がする。
一階にいた私は、家人に下に降りるように大声をかける。

十分か十五分か経ち、家族、縁者の安否の確認を始める。
繋がりにくい携帯電話を握りしめ、
なんとかだいたいの無事は確認できた。
が、90歳を少し過ぎた義母と連絡が取れない。
元気な友達数人と昨日から箱根に出かけていたのである。

予定では11日の三時過ぎには帰宅とのことだが、
その義母宅の固定電話はまだ「出ない」。
ようやく繋がった携帯で分かったのは、
東海道線を横浜で降りたところで足止めされている。
今はダイヤモンド地下街近くに友達五人と一緒にいる、
ひょっとするとここに一晩居ることになるかもしれない・・・
電話をするほうも受ける方も、けっこう慌てているから、
そういった様子が分かるまでに、何度も聞き直す。

21時過ぎになってパシフィコ横浜に誘導されて避難している、
親切な若い人たちが、いろいろと助けてくれる、
と連絡が付く。
「パシフィコ横浜」もその若い人が電話を替わってくれて分かったこと。

市営地下鉄が動きそうで、そうしたら日吉まで行く、
いや、日吉で降りてそのあとどうするの?
そんなやりとりをしているうちに、
東横線復旧のテロップがテレビ画面に流れる。
義母の家は東横線の新丸子だが、
とにかく武蔵小杉まで行って後はタクシーで、、、
とんでもない、タクシーなんか乗れるわけがない!
いま安全な場所にいるならば明日の朝までパシフィコに居た方が良い、
いや、でも若い人が助けてくれるからなんとか小杉まで行く!

結局、こちら(中目黒)から家人が迎えに行くことに決定。
一瞬クルマも考えたが、これはリスクが大きすぎる。
電車の運行状況も駅周辺の混雑状況も分からないが、、、

無事会えた、と連絡があったのは何時頃だったろう?
たぶん日付が変わっていたと思う。
杖をつきながら歩く義母をサポートして、
1キロ半ほどの道をなんとか歩き通して帰れた、とのこと。
ひとまずホッとする。
還暦を過ぎて、徐々に加齢を実感はしているが、
それでもプラス30年となると、想像を超える。
ちょっとした状況の変化も、それに合わせての移動も
若い人とは比べものにならない負担だろう。

横浜駅の地下は普段でも人が多い、
足止めされた人々で、たぶんごった返していただろう。
そんななか、高齢者を親切にサポートしてくれた若い人たちに感謝である。
ありがとう。

地震の直後、
津波に巻き込まれる名取川近くを走るクルマの映像を
呆然と見守っていた。
これからいったいどんな悲劇が待っているのだろう?
被災された方々には、ただただお見舞い申し上げるしかない。


恵比寿にある会社の帰り道に顔を見せてくれたK君、ありがとう。
豪徳寺まで無事に歩けたかな?

nice!(74)  コメント(24) 
共通テーマ:日記・雑感

3月13日 [日々の記録]

唖然とするばかりの状況が刻々と分かるにつれ、
いや原発のことなどとても分かったとは言えませんが、
ともかく、とてつもなく大きな災害だったことが伝わってきます。

テレビには“安否不明1万人超”のテロップが出ています。
被災からもうすぐ48時間、
一人でも多くの方々の生命が救われますよう、
いまはただ、祈るばかりです。

前の記事へ、コメント等のお気遣いいただきましたみなさま、
ありがとうございます。
たくさんの方々がもっと深刻な状況に遭遇しています。
自分の記録として書いたものですが、
ほんとうにありがとうございました。

「−」閉鎖、あるいは「▼」一時閉鎖 [日々の記録]

20110325_skijo.jpg

冬の自然に触れるのに、
クロスカントリースキーはとても向いている。(と思う)
前夜に積もった新雪の上を、気の向くまま歩き、滑る楽しみは
一度味わったらやめられない。
葉の落ちた明るいブナ林は、生きものや鳥たちも見つけやすい。
雪を掘って作った即席のテーブルでいただく雪上ランチも格別だ。

最近はスノーシューの人気が高いけれど、
行動範囲や機動性などなど、
この細い板を操るほうが数段勝れている、と密かに思っている。
進む距離も歩く一歩より滑る一歩のほうが断然長く、
それになんといっても下りは滑るのだから、これは極楽である。

この楽しみ、実はこの数年はご無沙汰している。
それでも、新聞のスキー場情報はそれとなく見ている。
歩くスキーも雪がなければ出来ないわけで、
実際にスキー場では足馴らし程度しか滑らないけれど、
近辺のフィールドの様子を知るためのちょっとした手がかりなのだ。
(もちろんネットで調べれば良いようなものだが、
 冬のあいだ、毎朝送られてくるこの情報もなかなか、なのである)

25日の「情報」には閉鎖を示す「ー」、それと▼印(一時閉鎖)がいくつもある。
もちろん、例年この時期には終了するスキー場も、
含まれているとは思うが、
<東北>の多くのスキー場は閉鎖。
いつも参考にしている「たんばらスキーパーク」も3月中は営業見合わせ。
調べてみると、雪は十分にある。
(26日現在、山麓で200cm、中腹より上は300cm)
雪深いこのスキー場は、例年ならば5月の連休まで営業している。

このスキー場が、また他の「ー」や▼印のゲレンデが
営業できるのはいつの日になるのだろう。
さらには、また来年、そもそも再開できるのだろうか?
リフトはほとんど使わず、食事もレストハウスではせず、
そんなスキー場の売上げには貢献しない歩くスキーヤーでも、
気になるところである。

nice!(96)  コメント(32) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。