So-net無料ブログ作成
検索選択

群青の海、真名瀬漁港。 [水彩画とスケッチ]

20100302_shinnase.jpg

50年前の『チリ地震津波』という名前は、
津波の恐ろしさと合わせて当時の小学生の頭に刻まれた。
ともかく、大津波警報の3メートルが現実のものとならず、
ひとまずは安堵だろうか。
日本の裏側で生まれた波が、ほぼ一日かけてやってくる、
地球の凄さ。

さて、群青の海。(まだ、葉山、、、


nice!(61)  コメント(26) 
共通テーマ:アート

向井潤吉展 [絵の周辺と展覧会]

20100312_MukaiJunkichi.jpg

 向井潤吉の描く民家には、かつての日本の暮らしの有り
様が素直に描かれ、その筆致に自然な懐かしさを覚える。
 この感覚は、ある程度から上の年齢の人々にとっては、
いわば時代の共通言語のようなもの。それは、もうどんな
ことがあっても絶対に戻ってこないコトやモノへの哀惜。
 これらの風景・光景を、今の若い世代やこれから生まれ
てくる子供達は、どんな目で見るのだろう。昔話、おとぎ
話の世界として捉えるのだろうか?

続きを読む


nice!(37)  コメント(11) 
共通テーマ:アート

ベルナール・ビュッフェ展 [絵の周辺と展覧会]

20100316_Buffet.jpg

火曜の午後、ビュッフェ展を観る、場所は目黒美術館。
展示のほとんどは1940年代、50年代の比較的に若い頃の油彩作品、
それとジオノの『純粋の探究』のための挿画。

続きを読む


nice!(34)  コメント(10) 
共通テーマ:アート

ハクモクレン [水彩画とスケッチ]

20100319_haku mokuren.jpg

空は薄曇り、あたり全体に回り込んだ光りは、
影も作らない変わりに、輝くようなハイライトも見せてくれない。
コントラストが効いたもっと晴れた日の方が、花の味わいが出せたかもしれない。

シャンデリアの灯が一斉についたようなハクモクレンの開花、
その樹形全体も描きたいもの、と思案しているうちに花の盛りを過ぎてしまった。
まるで桜の開花にせき立てられるように。イソガシイコトヨ

2010年3月19日
F3 Canson Caret de Voyage Montval (29×21.5cm)


追記:ちょっと言い訳


nice!(51)  コメント(22) 
共通テーマ:アート