So-net無料ブログ作成
検索選択

さようなら、ラローチャおばさん [聴く・クラシック音楽]

20091010_Larrocha.jpg

9月25日、ピアニストのアリシア・デ・ラローチャが亡くなった。
2003年、サントリーホールで“日本に来るのもこれが最後、だって飛行機は疲れるし!”とプログラム終了後に、ちょっと残念そうに、でもちょっとお茶目に話していたのが忘れられない。

 

続きを読む


nice!(17)  コメント(7) 
共通テーマ:音楽

代々木公園でスケッチ [水彩画とスケッチ]

20091012_yoyogikoen.jpg

快晴の体育の日、ちょっと自転車を走らせて代々木公園。
暑くもなく寒くもなく風も穏やか、
人も多く賑やかだけれど、雑踏の喧噪とはもちろん違う、
いいなぁ休日の公園は。

池の畔のベンチに座って目の前のケヤキを描く。
葉の緑はすでに輝きを失い、強いていえば少しくすんだ黄緑色。
いや部分的には、もう黄色くなりはじめた葉も。

この季節らしい少し寂しげな空のブルーを眺めながら、
葉がもっと色付くはずの11月を思う。
もう一枚重ね着をして、また描きに来よう。

2009年10月12日・代々木公園
F4(24.5×33cm)ワトソン

nice!(31)  コメント(10) 
共通テーマ:アート

猫を描く [水彩画とスケッチ]

20091014_neko.jpg

 子どもの頃から猫は苦手だった。脊椎動物なのに軟体動物のような身のこなし、体に触れるのもオソロシク、とにかく無気味な存在だった。その得体の知れないイキモノと一緒に暮らすことなど、夢にも思わなかった、が

続きを読む


nice!(45)  コメント(34) 
共通テーマ:アート

塩沢宗馬、水彩画の個展 [絵の周辺と展覧会]

塩沢宗馬氏の絵は、かつては身近にあった懐かしさに満ちた、そして初めて訪れても親近感を覚えるような、優しくて少し淋しい風景。そんな「ふるさと」を目の前に見せてくれる。

そのシオザワ君(塩沢宗馬氏)の絵に出会ったのは去年の秋。
その後、何度かの個展や展覧会に足を運んだ。何冊か出ている彼の本も、もちろんいろいろと参考にはなるが、やはり原画の魅力は大きい。だから出かける。
そのシオザワ君の個展がこの秋と、来年の年明け早々に開かれる。

20091027_shio_naoetsu.jpg

20091027_shio_izumozaki.jpg

続きを読む


nice!(39)  コメント(18) 
共通テーマ:アート