So-net無料ブログ作成

逗子海岸の流鏑馬。 [逗子とその周辺]

20121118_Zushi_yabusame_1.jpg

11月18日、逗子海岸・流鏑馬を見物。
ひと月ほど逆戻りしたような強い陽差しの逗子海岸、
波打ち際には的の在処を示す幕、
その白地には鮮やかに染め抜かれた武田菱の紋。

二町(約218m)を駆け抜ける馬と射手、「的」はその間に三つ。
その疾走する姿は想像していたよりもはるかに速い。
会場のアナウンスを聞いていると全部で六頭のうち、
何頭かはサラブレッドらしい、速さとともに美しい。

鏑矢の当たった「的」がカーンと乾いた音を響かせる。
その音の後ろに波の音、そして低く響く馬の蹄、
海岸ならではの流鏑馬の光景。

20121118_Zushi_yabusame_3.jpg

三つの的を見事に射止める射手もいれば、
二つ目、三つ目の的を狙う「いとま」が無く、失敗する射手もいる。
“人馬一体というじゃないか、馬ももっとゆっくり走ってやれよ”
と見物客からの声、周囲も思わず笑う。

疾走(と言う言葉が実に似合う)する馬上で、
手綱を放し矢を射る姿は見事なもの、形式の美を感じる。
驚いたのは二人(いや三人かな?)の女性の射手。
馬は少し小振りに見える、
走る速度も一番の熟達者に比べると少し遅いように見えるが、
それでも十分に速い。
馬を操り、弓を引き、矢を放つ、
その力仕事の大変さはみじんも感じさせない。
形を求め形を極める日本美の特質が、ここにも現れているのだ。

久しぶりに“格好良い”という言葉が浮かんだ。

肝心の的を射る瞬間は上手く撮ることができなかった。
カメラのオートフォーカスをオンにしたままだったので、
どのカットもみなピントが後ろに合ってしまった、失敗。
(動く被写体を追うオートフォーカス・モードもあるというのに)

はじめて見る流鏑馬は、思った以上に清々しく端正で美しかった。
装束は、鎧直衣、行縢、射沓、太刀の鞘、金糸の家紋、
そして、脇の弓と腰に差した矢、もちろん馬も立派な衣装(というのか)。
ちょっと大袈裟なようだが、
気持ちの奥の何かが揺さぶられる、そんな凛々しい美しさ、完成度が高い。

来春の鶴岡八幡宮の流鏑馬が楽しみだ。

nice!(64)  コメント(20) 
共通テーマ:地域

nice! 64

コメント 20

takenoko

逗子でも流鏑馬をするのですね。八幡宮だけしか知りませんでした。
私も写真を撮ってみたいので心の備えをしておきましょう。
by takenoko (2012-11-19 20:06) 

akipon

流鏑馬は見たことがありませんが、間近にしたら迫力あるんでしょうね!
しかも、おっしゃる通り、とてもカッコいいのだろうと思います。
背景にサーファーの姿が見えるあたりが、また不思議な光景に見えます(笑)
by akipon (2012-11-19 22:58) 

よしあき・ギャラリー

人混みが苦手で、見たことがありません。
ひと様がご苦労して撮った写真を見て楽しんでいる横着ものです。^^;
しかし、海岸での催しは開放感があって良いものですね。
by よしあき・ギャラリー (2012-11-20 06:37) 

よしころん

1枚目、女性ですよね。
凛としてカッコイイなぁ~~ なんだか憧れちゃいます。

流鏑馬、想像しただけで、腹筋、背筋、体軸・・・ はぁぁ~~凄い。
by よしころん (2012-11-20 08:15) 

mimimomo

おはようございます^^
惚れぼれ~~~♡
本当にカッコ良いですね~実物を見てみたいです。
by mimimomo (2012-11-20 08:40) 

浜松自宅カフェ

高校時代は弓道部でした。
弓道の一般用語として、「左手」を弓手(ゆんで)、「右手」を馬手(めて)と
呼びますが、流鏑馬の際、手綱を持つのが右手だからと先輩から習いました。
高校3年間だけでしたが良い思い出です♪
by 浜松自宅カフェ (2012-11-21 13:11) 

☆はな

本当に カッコウいい  是非見たいものです
でも 在来種の馬に乗っていたら な~んて思ってしまいます^^
by ☆はな (2012-11-22 00:53) 

anan

いいものをご覧になりましたね。
お引っ越しされたからこその写真です。
秋の行楽シーズン、当方、引きこもってピアノの譜読みの日々。
来年1月末の発表会に備えています。
紅葉狩りをはじめ、自然の移り変わりを、皆さんのブログで知ります。
お元気でね。

by anan (2012-11-22 10:52) 

e-g-g

◎takenokoさん
逗子の流鏑馬は私も知りませんでした。
でも頼家の時代からあったらしく、歴史は古いようですね。

◎akiponさん
背景のサーファーが不思議なのか?
時代がかった儀式が不思議なのか?
ともかく印象的な光景でした。

◎よしあき・ギャラリーさん
たぶん鎌倉鶴岡八幡宮のほうは人出も多いのでしょう。
逗子のこの日は人混みというほどではありませんでした。
流鏑馬好きには、ちょっとした穴場かもしれません。

by e-g-g (2012-11-22 19:30) 

e-g-g

◎よしころんさん
キリッとすっきり、とにかく良き佇まいでした。
ほんとうに思いがけずカッコイイものを見せてもらいました。

◎mimimomoさん
その姿の良さに、もっと見たくなります。
で、調べてみると、関東でもけっこう行われているんですね。

◎浜松自宅カフェさん
そもそも弓道そのものも形が決まっていますよね、
高校時代、弓道場を覗いては同じ高校生の姿とは思えませんでした。

◎☆はなさん
馬のほうは詳しくないのですが、
中世から近世まで、日本の馬はもっと小振りだった、
と聞いたことがあります。
たぶん往時と今とでは、雰囲気もずいぶんとちがうのでしょうね。

by e-g-g (2012-11-22 19:30) 

e-g-g

◎ananさん
毎日の空気の変わりよう、その揺れ方、楽しんでますよ。
今日は仕事で都内を一日中動き回っていました。
早くもお上りさん気分です。
話変わって、楽譜ってものすごくグラフィカルなシステムですよね、
何の知識もなくても、なぜか楽しい造形です。
譜読み、頑張ってください〜

by e-g-g (2012-11-22 19:41) 

deko

海岸の流鏑馬って、すがすがしいですね!
私も流鏑馬はまだ生で見たことがありません。
しかし、よく的に当たりますよね!
by deko (2012-11-23 17:38) 

つくもぐさ

e-g-gさん
先日は、ありがとうございました。
お久しぶりにお会いしましたのに
恋わずらい(^_-)-☆じゃなく声わずらいしてましたので
あれでもあまりおしゃべりできず残念でした。
来年もまた楽しみにしております。

いいものご覧になりましたね、
海岸での流鏑馬見事でしょうね。
写真もかっこよく撮れています!
来春は是非お供したいですね(笑)

先日気分転換に上野に絵を観に行きました。
メトロポリタン美術展の後、
芸大の美術館で中島千波の退官記念展が行われており
桜のモチーフが代表作とばかり思っていましたが
平行して40年にもわたり描き続けていた人物画、
これがまた素晴らしい作品の数々、
多感な頃、安保闘争やベトナム戦争のから多大な影響を受け
日本画を超えた精神活動があるとか
感受性、波長が同じならどうぞお出かけくださいな(笑)
http://www.art-annual.jp/news-exhibition/exhibition/10033/




by つくもぐさ (2012-11-24 01:28) 

rtfk

流鏑馬 勇壮ですよね☆
しばらく実際に見ておりません。。。

by rtfk (2012-11-24 19:20) 

九子

美しいものたちに囲まれて新しい場所での暮らしを楽しんでいらっしゃるのでしょう。 閉じこもり中はnice!を頂戴し有難うございました。ようやく始動です。
世の中と隔たってた間に、すっかり季節が変わっていました。( ^-^)
by 九子 (2012-11-28 18:34) 

般若坊

ご挨拶
般若坊のブログ 『美と音楽と安らぎと・・・2』 の最終ページでは、本当に沢山の方々から暖かいCommentやNiceを頂戴いたしました。
心から厚く御礼申し上げます。
Commentにクルージングやオーロラ観察への報告ご要望が、大変多いので
私も冬眠を先延ばしし、御礼を兼ねて旅の状況をご報告申し上げます。
ブログ 『音楽の宝箱』http://smoking-pipe.blog.so-net.ne.jp/ にまだ空いているスペースがありますので、
ここに臨時版として掲載させていただきます。
基本的には旅行全日程を2日づつ5回に分けて、毎週土曜日毎にページを更新して参ります。 
ご感想等をお寄せいただければ、幸いに存じます。
ありがとうございました。

by 般若坊 (2012-11-30 23:05) 

e-g-g

◎dekoさん
私も今回はじめてみました。
儀式だからそれなりに、、、と思っていたら大間違いでした。
スピード感、様式美、たいしたものです。

◎つくもぐささん
中島千波さん、桜ですよね!
と、思っていたらいろいろとあるんですね、知りませんでした。
感受性、波長は同じかどうか、それは分かりませんが、
見るべきものは見なければイケマセン。
で、行けるかどうか、、、

◎rtfkさん
流鏑馬、私は初めての体験でした。
美しいものでした。

◎九子さん
私もブログに関しては閉じこもり状態で、
たまに更新すると、
季節の移ろいをいやというほど感じさせられます。

◎般若坊さん
お知らせ、ありがとうございます。
またお邪魔させていただきます。

by e-g-g (2012-12-12 18:57) 

JF

流鏑馬はぜひ残してほしい日本の文化ですね。
ホント、かっこいいですよね。字が難しいですね(^_^;)
まだ見たことがないので、
鶴岡八幡宮のをいつか見に行きたいと思います。
by JF (2012-12-14 10:06) 

e-g-g

◎JFさん
Y・A・B・U・S・A・M・Eと入れると流鏑馬と出る、便利な時代です。
もちろんさっとは書けません。
鶴岡八幡宮は4月ですが、その前の2月に小田原曽我の
梅祭りでも行われるようですよ。
http://www.yabusame.or.jp/html/event.php?lang=ja
あの格好良さ、何度も見たいですね!
by e-g-g (2012-12-14 12:26) 

さきしなのてるりん

ほんと、女性の流鏑馬、見たい~
by さきしなのてるりん (2012-12-14 23:10) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント