So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

逗子の桜。 [日々の記録]

20170414_hiland_sakura_640.jpg

4月14日・朝5時32分、逗子ハイランド。
明日は土曜、きっと混む、でも一度は見ておかないと。
というわけで久しぶりの早起き。

いつもは絵を描くための覚えに、もっと明るめに撮る写真。
今朝は、朝陽を受ける桜が印象的でこんなショットに。
しかししかし、こんな光景、どう描けば絵になるか、、、

nice!(30)  コメント(7) 
共通テーマ:地域

近所の春 [日々の記録]

20170405_koyasunosato_640.jpg

こんな風景は、子どもの頃に過ごした横浜でもごく普通に見られたが、
今は探しに行かないと会えない。
湘南国際村のモダンな街区の傍ら、こんな麗しい春が残っている。
4月5日、子安の里(横須賀市)。

20170405_sakurayama_640.jpg

陽差しの角度、強さ、風の冷たさ、硬さ、
気がつくと空気を作るすべてがふっと変わり、また一年が巡る。
4月5日、逗子・桜山中央公園。

nice!(34)  コメント(6) 
共通テーマ:地域

第18回・南期会(作品展のお知らせ) [日々の記録]

NCM_8558_500.jpg

高校美術部のOB*が年にいちど作品を持ち寄って開く「南期会」、
今年もメンバー19名に美術部顧問の先生、合わせて20名の
膠絵、油彩、パステル、アクリル、水彩、切り絵、染色、陶芸、

と様々なジャンルの作品が並びます。(私は水彩画を6点出品)

横浜、大岡川沿いの桜並木はまだ開花前ですが、
週末に向けてようやく気温も上がりはじめたようです。

皆さまお誘い合わせのうえ、ご覧いただけましたら幸いです。

NCM_8562_500.jpg

NCM_8569_500.jpg

*1960年代後半から70年代の十数年の間、
 高校の美術部に在籍していた文字どおりのOB、OGです。
*写真は昨日(16日)、会場の様子。

会期:2017年3月15日(水)〜3月20日(月)
   10:00〜18:00 *最終日は〜16:00
会場:横浜市吉野町市民プラザ
   横浜市営地下鉄・吉野町駅より徒歩3分
   京浜急行・南太田駅より徒歩5分

nice!(37)  コメント(9) 
共通テーマ:アート

『秋景・葉山 茅山荘 門前』 [水彩画とスケッチ]

20170313_173_chizanso_koyo_640.jpg

葉山といえば海を思い浮かべるけれど、
海岸を少し離れれば、里山の趣が色濃く残っている(場所も多々ある)。

三ヶ月と少し前、去年の暮れの葉山・茅山荘。
紅く染まった門前の美しさに見惚れていると、
“今年はいまひとつの色づき、三年、いや四年前かな~、
  それはそれは見事だった”
と地元の人の話し声が聞こえた。
いや、今年だって十分に美しいとは思いつつ、
そんな声を耳にすると、やはりその“見事さ”を見たくなる。

この界隈もそろそろ季節到来、
山にポッポと咲く桜香を探しに行こう。
杉の花粉よ静まれ!と念じながら。

『秋景・葉山 茅山荘 門前』
F6(40×31cm)水彩・ウォーターフォードホワイト

nice!(31)  コメント(10) 
共通テーマ:アート

『鎌倉、坂ノ下の出漁』 [水彩画とスケッチ]

20170218_172_sakanoshita_640.jpg

鎌倉の由比ガ浜に注ぐ稲瀬川、ここから稲村ヶ崎までを坂ノ下という。
これまであまり意識して来なかったためよく知らず、
少し調べてみたら、どうやらそういうことらしい。

浜には漁具倉庫が並び、陸に上がった漁船が何隻も休んでいる。
夏になると海の家が建ち並ぶ由比ガ浜とは地続きだが、趣はだいぶ違う。

三ヶ月前、去年の11月初めの坂ノ下の一景。
朝方までの雨があがり、明るい陽差しの降り注ぐひととき。
若い漁師が“今日の漁は上出来!カサゴも獲れたしね”
と話す傍ら、また一隻が沖に向かった。

F6(40×31cm) 水彩

nice!(48)  コメント(8) 
共通テーマ:アート

久しぶりの逗子スケッチ。 [水彩画とスケッチ]

20170201_zushi_6chome.jpg

この道を真っ直ぐに3分も歩けば海に出る。
逆にすぐ後ろには郵便局や商店街がある。
ちょっと気になる古書店もある。

そんな通りを数分歩けば、雰囲気がパッと変わる、
この街のサイズが嬉しい。
それになんといっても空の広さが嬉しい。

冬至の頃に比べたら明るさも強さも三割増し(のような気がする)、
そんな春間近の海への道、逗子6丁目付近。

A4(29.7×21cm) ペン+水彩

nice!(45)  コメント(8) 
共通テーマ:アート

『街のリズム、江ノ電。鎌倉・腰越』 [水彩画とスケッチ]

20170124_170_enoden.jpg

江ノ電は藤沢と鎌倉を33分で結ぶ。
この間はほぼ10キロだから、平均速度は20km/hに届かない。
料金は藤沢〜鎌倉が300円。
ちなみにJRの運賃は10キロまでが200円だから割高である。

そんな江ノ電に初めて乗ったのは1970年か71年。
小さな電車が民家の軒先すれすれを走ること、
木の床に染みこんだオイルの僅かな匂い、
それくらいの記憶しか残っていない。
そのスレスレは今も変わらず、
「木の床」の車輌は運が良ければ、今でも乗ることが出来る。

逗子に住むようになって、ほぼ半世紀ぶりに江ノ電も利用するようになった。
いずれ路線各地の風景も描こうと思い、さてどこから描こうか?
海あり、山?あり、トンネルも多々、名所になった駅もある。
そんななかで、まずは腰越の街を走る江ノ電を選んだ。

この姿が今の江ノ電らしいかどうかはともかく、
街のリズムを刻んで走る電車の姿に気持ちが惹かれた。

F4(34×24cm) 水彩

nice!(40)  コメント(16) 
共通テーマ:アート

(たぶん最後の)秋日記:鎌倉、妙本寺・12月15日 [日々の記録]

20161215_myohonji_5_640.jpg

鎌倉でも妙本寺の紅葉は比較的に遅い。
今年も11月後半から何度も足を運んだ。
雪が降れば気にかけ、風が吹けば心配する。
そんな紅葉月間も、もう終わり。

20161215_myohonji_6_640.jpg

ピーク時にはカメラを構える人も多かった。
それも、さすがに今日あたりはちらほら見かける程度。
それはそうだ、もう冬なのだ。

20161215_myohonji_640.jpg

今日は、曇り空にあまり期待しないで向かった。
が、弱い陽差しがかえって日陰の色たちを、しっとりと浮かび上がらせていた。

nice!(31)  コメント(2) 
共通テーマ:地域

秋日記:鎌倉紅葉三点セット・12月4日 [日々の記録]

20161204_jomyoji_640.jpg

デイパックにはA4版のスケッチブックと鉛筆、それとサインペン。きっと今年も紅葉を描くのだろうという予感は大いにあるわけで、いちおう最低限の描く道具は持っていく。が、12月最初の晴れた日曜日、こんな日に名だたる名所でスケッチなど出来るわけがない。結局、描きそうな、いや描いてみたくなる光景はカメラに収めることになる。

20161204_kachonomiyatei_640.jpg

以前は混んでいようが、お構いなしに現場でスケッチをしていた。が、その場面の何に気持ちが動いたのか、良く掴めぬままに描いてしまうこともある。目の前を肉眼で見ているのだから間違いないはずではあるが、少し時間をおいて見返すと、焦点がぼけて曖昧になっていたりする。要するに見るのも描くのも修練不足なのだ。であれば、関心を持った光景を、家でじっくりと吟味したうえで描き始めても良いのではないか。そこで浮かび上がったイメージを描く。と、そんなことを言い訳にして、最近はもっぱら帰ってから描くことが多い。

20161204_houkokuji_640.jpg

この週末でそろそろ終わりそうという巷の噂に煽られて、出かけた鎌倉。
銀杏の葉も盛大に舞い散って、確かに最後かもしれない。

*写真は上から、浄妙寺・喜泉庵の枯山水、旧華頂宮邸・入口側の前庭、報国寺。
nice!(37)  コメント(6) 
共通テーマ:地域

「節絵」ってナニ? 「1:1+√2」って? [絵の周辺と展覧会]

20161130_fushie_s.jpg

鎌倉で開かれている「節絵展」を訪れた。
節絵って何?なんとなく見当はつくけれど、ほとんど知らない世界。
なにごとも素直な目で見るのがいちばん!と、まずは予備知識を持たずに向かう。

目当ては7月、由比ガ浜で開かれた『すみわたらむ』、
そのときに印象深かった天内純子さんの日本画。 
この天内さんはじめ“平面作家”13名と“台座作家”の
計26名の作家の組み合わせによる四季の設え、あるいは新しい床の間とも。

日本家屋の柱を意識したサイズと飾り方、この視点は興味深い。
といっても自宅に柱は無く、それよりなにより床の間もない。
それでも、この小さな世界が折々の日常に
新鮮な空気を届けてくれそうな、そんな予感もする。
(平面作品の実サイズは天地21.7cm×左右9cm)

ところで、短冊にも似た細長い「節絵」のプロポーションは「1:1+√2」の白銀比。
この数字から得られる矩形は仕事でも幾度となく使ってきた。
ところが、それを「白銀比」としてきちんと意識することはほとんど無かった。
何十年もグラフィックデザインの世界にいるが、これではモグリと言われても仕方がない。
気持ちを新たに「節絵」プロジェクトのメンバーの方から詳しい話しを伺い、
初めて知ったことも多々、、、あぁ、ベンキョーせなあかん!

これまで水彩紙の定型を、何とはなしに受け入れてきたけれど、
さてこの白銀比に自分なら何をどう表現するのだろう?
そんな新たな感心が湧いてくる。

12月4日まで・場所は鎌倉彫会館 *Facebookに「節絵展(2016冬春)」有り。

nice!(32)  コメント(0) 
共通テーマ:アート
前の10件 | -